2013年4月13日、大森海岸の新店「つけめん 幸虎」へ。
R0025188.JPG
2013年4月8日オープン。「一杯の幸せ」をスローガンとする幸龍グループが始めたこだわりのつけ麺専門店。麺屋 焔@大井町の後、徒歩でこちらへ移動w

R0025180.JPG
こちらの関連店としては、幸龍@大井町、龍の家族@西大井、黄龍虎@大森(閉店)など。

R0025253.JPG
店の場所は、大森海岸駅の目の前のロータリーを渡った所。

12:20頃到着。

店内満席、外待ち1名。

行列に接続。

店舗は半地下のような所にあります。

R0025175.JPG
入口横には、三河屋製麺の麺箱。

列んでると、「宜しければ先に食券を買われてからお待ち下さい」と丁寧な案内。ってことで、まずは店内の券売機で食券購入です。
R0025172.JPG

R0025184.JPG
主なメニューは、
黒虎:黒焦がし豚骨醤油つけ麺(並)780円、
赤虎:旨辛豚骨つけ麺(並)780円、
黄虎:味噌豚骨つけ麺(並)780円、
龍らーめん(昼限定):金龍鳳凰(鶏塩らーめん)680円、
龍らーめん(夜限定):青龍(支那そば)680円、
他。

つけ麺は、並200g、大300g同料金。

オーダーは、写真が実に美味しそうだったので、「赤虎:旨辛豚骨つけ麺」にしました。

R0025181.JPG
昼限定セットは、高菜ご飯か鶏皮ご飯が付いて、プラス100円とお得。

10分程待って着席。 店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター7席、2人卓x2。 スタッフは、厨房・ホールに男女合わせて4名。 特にホール担当の男性の動きがよく、気配りが行き届いていて、大変気持ちの良い接客でした!

R0025192.JPG
BGMは、ロック。箸は洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、酢、醤油、胡椒、一味唐辛子、豆板醤。



R0025198.JPG
卓上に、カラフルなメニューもありました。

虎つけめんのページ。

R0025201.JPG
昼限定、龍らーめんのページ。

R0025204.JPG
夜限定、龍らーめんのページ。

R0025207.JPG
薀蓄のページ。

最繁忙時間のためかやや(15分ほど)待って、「旨辛豚骨つけ麺(並)」完成でーす♪
R0025214.JPG

R0025219.JPG
つけ汁は、石鍋に入ってグツグツ煮えたぎって来ます。

つけ麺のつけ汁は、冷めやすいのが玉にキズですが、猛烈に沸騰した状態で提供されるつけ汁は、なかなか冷めず終盤まで熱々をキープします。

これは嬉しいかも!

麺皿の具は、もやし、メンマ、きざみネギ。モヤシはほぼ生で、出来ればもう少し湯通ししてあった方が食べ易いかも。
R0025225.JPG

R0025232.JPGメニュー説明書きによると、『旨味と辛味を凝縮させた赤色が食欲を誘う絶品スープ』とか。

しかし、実際はあまり赤くはなく、辛さも控えめ。

ですが、豚骨のダシがしっかりと出ていて美味しい!

辛さが足りない分は、途中で豆板醤を投入して補いました^^;

R0025228.JPG
麺は、三河屋製麺製の中太麺。

感覚的には、細つけめんな感じ。

R0025229.JPG
煮えたぎるつけ汁の中には、豚薄切り肉。

沸騰する豚骨スープで煮込まれてるので、この肉旨いっす!

R0025235.JPG
麺をスープに浸けていただくと、おお、美味しい!

クリーミーで濃厚なスープが、しなやかで喉越しの良い麺に絡んで旨いっす!

熱々スープで旨さが持続するのも、やはり嬉しいです。

R0025238.JPG
麺と具を食べ終えたら、お楽しみのスープ割りコール。

割りスープは、ポットで提供され、「薬味」が付いてきます。

R0025243.JPG
「薬味」は、ネギ、魚粉、柚子皮。

R0025244.JPG
割りスープは、淡麗な魚介の清湯で、ほのかな塩味。

R0025247.JPG
スープ割りすると、風味が変わって一味違った美味しさが楽しめます。

もちろんスープ割り後も美味!

こちら2件目で、次も予定していましたが、美味しくて完食汁完!店を出ると、なんと外待ち10名!凄い人気ですね!次回は「龍らーめん」を食べてみたいです。ごちそうさま!

つけめん 幸虎 (141/'13)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック