2012年11月3日、「中華そば 最上」へ。
RIMG0389.JPG
2012年9月25日オープン。

この日は、土田八@西大井で絶品の一杯をいただいた後、近くのらーめん田に行くも祝日で休み。ならばと、ぼぶさんが絶賛していた神屋流 博多道場@青物横丁に行くも、日曜のためか祝日のためか休み。しからばと、もう一つの予定店だったこちらへ^^;

RIMG0398.JPG
品川経済新聞の記事によると、以前祖父が山形でラーメン店を営んでいて、その味をアレンジしたものとか。

「山形ラーメンをメジャーにしたい」そうです。

「山形ラーメン」なんて聞くと、そりゃ気になりますよね〜!

RIMG0395.JPG
店頭には菅野製麺の麺箱。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
RIMG0434.JPG
主なメニューは、中華そば正油・塩650円、つけ麺850円、他。オーダーは、べ^ーシックメニューと思われる「中華そば正油」にしました。

RIMG0401.JPG 店内は、厨房前に奥に長いカウンター7席、入口近くに4人卓x1。

11:58入店で、先客0。と思ったら、12時ジャストにバラバラと後客4。

厨房には店主さんとスタッフの方、2名体制。

BGMはJ-Pop、チャゲアスとかw

箸は割箸で、エコ対応。

卓上調味料は、S&Bのブラックペッパー。

そして待つことしばし、「中華そば 正油」完成でーす♪
RIMG0410.JPG

RIMG0413.JPG
鉢という表現がしっくり来そうな、シンプルな白い丼で登場。

具は、わかめ、メンマ、チャーシュー、小口切りネギ。
RIMG0416.JPG

RIMG0428.JPG
スープは、鶏ガラベースの清湯醤油味。

ごくあっさりすっきりとした和風仕立て、まるで蕎麦つゆのよう。

「山形中華そば」かと言われると?な気もしますが、どことなく郷愁を誘う懐かしい味わいで、これは美味しい!

ラーメンにわかめは合わない派ですが、こちらの優しいスープには、わかめが違和感なくマッチしています。

RIMG0425.JPG
麺は、かん水不使用という平打ちの細ストレート。

ツルッツルすべすべの食感で、食べ易く美味しい!

かん水が入っていないため、まるで素麺そのものといった食べ心地。

温かいスープなので、「にゅうめん」に近い感じですね。

祖父の山形ラーメンをアレンジしたという一杯は、旧東海道品川宿の雰囲気に相応しい、ネオクラシカルな優しい味わいでした。これなら塩味も美味しそうですね。ごちそうさま!

中華そば 最上 (396/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック