2012年4月28日、小作の名店「いつ樹」へ。
RIMG0109.JPG
2007年7月羽村にてオープン。2010年5月雫@福生にて仮営業。2010年9月現店舗へ移転オープン。店主さんは、渡なべ出身。

牛浜で2軒、いぬいカッパヌードルと食した後、満足して帰ろうかとも思いましたが、折角ここまで来たのだからとカッパヌードルの師匠のこちらへ。支店の五ノ神製作所@新宿は既食ですが、いつ樹は恥ずかしながら初です^^;

RIMG0106.JPG
店の場所は、小作駅から1.4km程。

徒歩17〜18分程の距離。

車の往来が激しい、都道5号新宿青梅線沿い。

RIMG0103.JPG
2FがSEGAのカラオケ店というビルの1F 。

RIMG0154.JPG
駐車場も、SEGAといつ樹で共用。

RIMG0119.JPG
店の外にいても、店内から猛烈な海老のフレーバーが漂ってきます。

店頭看板は、鯛のオブジェ。

そういえば、五ノ神製作所は海老のオブジェでした。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
RIMG0112.JPG
メニューは、鯛塩らーめん700円、海老つけ麺700円が2本柱、そこにトッピングと麺大盛りのバリエーション。海老つけ麺は新宿で食べているので、オーダーは「鯛塩らーめん」にしました

RIMG0151.JPG 12:50頃到着で、店内丁度満席。

外待ちの先頭に。後客6名。

店内は厨房を囲むL字型カウンター11席、3人卓x1、4人卓x1。

後客2名・2名にテーブル席を譲って、カウンターが空くのを待って着席。

スタッフは、カウンター内に3名。

RIMG0121.JPG
厨房内には、「麺や丸め」の麺箱。

BGMは、洋楽ロック。

箸は洗い箸で、エコ対応。

卓上調味料は、ミル入りペッパー、一味唐辛子。

そして待つことしばし、「鯛塩らーめん」完成でーす♪
RIMG0127.JPG

RIMG0133.JPG
器は五ノ神製作所でも見た、模様の無い真っ白なタイプ。

具は、海苔、三角形の極太メンマ、チャーシュー2枚、きざみ青ネギ、きざみ玉ねぎ。
RIMG0137.JPG
撮影のための僅かな時間にもスープ表面にみるみる油膜が張るほどの、恐るべしな油脂の多さ!(;^ω^)

RIMG0145.JPG
そのスープ、丼を受付に触れない程の熱々で登場。

動物性のスープに鯛出汁を合わせたWスープとのことで、塩味の鮮魚白湯。

鯛の生臭さを鶏が上手く中和して、鯛のいいところが前面に出た印象。

鯛の旨み炸裂で、とっても美味しいです!

RIMG0139.JPG
麺はぼこぼこと縮れの強い、平打ちの太麺。

ディフォで結構固めのゆで加減。

小麦がみっしりと詰まったような風味と食感で、濃厚な鯛出汁スープとも好相性。

鯛の風味と旨みを満喫しながら、美味しく完食。食べてる時は感じなかったのですが、帰路で上唇と下唇がぺったりくっつく状態。あまりこってりを感じさせない食べ易い味でしたが、実は相当こってりなスープなのでした^^;ごちそうさま!

いつ樹 (156/'12)