2012年10月25日、大井町の「ラズンバ La ZUMBA」へ。
RIMG2877.JPG
2012年6月28日オープン。「凛 大井町店(のスた)」の細麺専門店がスピンオフして「凛」の隣にオープン。向かって右の赤いテントが「凛」で、左が「ラズンバ」。

「のスた」になる前の「凛 大井町店」で食べた塩の細麺が忘れられず、こちらのオープンを知った時は、期待に胸が高鳴りました!しかし営業時間の壁がガガガぅ(><)

平日夜の終了時間が19:30と早く、土日祝日は休みという、ワタシ的にほぼアプローチインポッシブルなタイムテーブル。しかしこの日珍しく外で仕事。帰社途中に大きく回り道して、こちらへ立ち寄り!w

RIMG2848.JPG
店内は、厨房を囲むL字型カウンター7席。

18:30頃入店で、先客2、後客無し。

厨房には山中店主、一人で店を切り盛り。

箸は洗い箸でエコ対応。BGMは、意外にも^^; J-Pop.エレカシとかw

券売機は無く、後会計制。

メニューは、醤油800円、塩800円、煮豚増し200円、煮卵100円、ごはん(煮豚)200円、大+100円。

店には独自のルールがあって、聞かれるまで注文してはいけない。 麺固め等の注文不可。 店内での撮影は、ラーメン以外禁止。撮影は、店主の許可を得てから。 ニンニクの有無は出来上がり直前に聞かれる、とか。

「注文は聞かれてから」と諳んじつつ、お冷を汲んで座るか座らないうちに、「何にしますか?」とあっさり聞かれて拍子抜け^^; オーダーは、もちろん「塩」にしました。

調理は、まず目の前にタレの入った丼が置かれて、スープ・麺・具と徐々に入れられていきます。自分のために作られるラーメンの調理過程の一部始終が、まさに目前で繰り広げられます。もし叶うことなら動画撮影したいところですが、そんなことしたら叩き出されるでしょうねぇ(^^ゞ

そうこうするうちに、ラーメン「塩」完成でーす♪ あ、ニンニクは無しでお願いしました。
RIMG2851.JPG

RIMG2857.JPG
「ラーメンの写真撮ってもいいですか?」の問いに、「ラーメンは、撮ってもいいです」のアンサー。

ラーメン以外はダメです、ってことですね^^;

丼は、シンプルな白い「反丼」型。

具は、メンマ、チャーシュー、きざみネギ。
RIMG2860.JPG
チャーシュー2種類、デカいのが豚モモで、小さめのが鶏でしょうか?どちらも旨!

RIMG2872.JPG
レンゲの用意は無く、スープは直接丼から飲むのがしきたり。

丼全体が黄色に見えるのは、キラキラと美しい輝きを放つ鶏油効果。

ゴールドカラーと呼びたくなる鮮やかなカラーリング。

ややとろみのあるスープは、鶏主体の鶏白湯。生姜の効きは穏やか。

記憶にある凛の塩は、ガツンと生姜が効いていた気がしますが、きっと風化しかけたメモリーの美化効果でしょう^^;

以前と比べるまでもなく、今回のもメチャ旨! 鶏出汁が分厚くてフルボディな味わい。 いつまでも啜っていたいほど、いやはや美味しいですなぁ!

RIMG2866.JPG
麺は、自家製麺おの細ストレートタイプ。

気持ち柔らかめですがそのゆで加減のおかげで、麺本来の美味しさを存分に味わえます。

ってか、この麺とスープ、理屈抜きに美味いでしょう!

ガツンとインパクトのある塩ラーメンで、大変美味しくいただきました。「醤油」も気になります。ごちそうさま!

ラズンバ La ZUMBA (384/'12)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック