2012年11月3日、西大井の新店「めん処 土田八」へ。
RIMG0323.JPG
2012年9月22日オープン。評判が大変良く気になっていたお店。9月30日にアプローチするも、なんと昼の部貸切でフラれるという運の悪さ。夜は早仕舞が多いと聞いていて、なかなかリベンジの機会に恵まれず。今回ようやく再訪となりました!

RIMG0326.JPG
場所は、らーめん 田の並び。と言っても、500m程離れてますがw

店の25m程手前を歩行中に開店時間に。

丁度女性スタッフが暖簾を出しているところでした。

図らずも一番海苔〜!w

後客もないので、ワタシ的には珍しく最初に外観撮影(笑)

RIMG0332.JPG
店名「土田八」の「土」には、右側に「、」が付いています。変換不能文字っす(^_^;)

店主さんのニックネームは「8ちゃん」ですか?

土田さんちの「8ちゃん」なんで、「土田八」?

RIMG0335.JPG
営業時間は、「午前11時〜スープが終了次第閉店」。

実質19:00頃閉店らしいです。

店頭・店内に掲示の「土田八 安心な食材地図」。東北は青森の最北端に一つだけ、関東には無いんですね!?(;^ω^)
RIMG0329.JPG

RIMG0350.JPG
店内は、オフホワイトを基調にした明るく清潔な印象のインテリア。

席は、厨房を囲むL字型カウンター8席。

後客無し。

厨房には、イラストにソックリな店主さん^^; それから女性スタッフ1名。

BGMは、癒し系のヒーリング・ミュージック。

券売機は無く、後会計制。

主なメニューは、どたはち中華つけめん800円、どたはち伝説中華そば(限定15食)850円、どたはち伝説中華そば②800円、他。
RIMG0338.JPG
「どたはち伝説中華そば」(限定15食)と「どたはち伝説中華そば②」(限定数無し」の違いは、トッピングが鶏か豚のチャーシューかだそうです。限定15食は、具の鶏チャーの数なのでしょうか!?

オーダーは、限定に惹かれて、「どたはち伝説中華そば」にしました。

RIMG0341.JPG
卓上には、「開店のご挨拶」。

こだわりは3つあって、第一は品質の高い素材を使うこと。

RIMG0344.JPG
第二は、いつでも安定した美味しさを提供すること。

第三は、下ごしらえの準備段階から丹念な仕事を行うこと。

特に、食材へのこだわりは物凄く、読んでいてへぇ〜と唸らされます。

RIMG0347.JPG
箸は割箸。

卓上調味料は無し。

調味料を置かないのも、味への自信の表れ!?

そして待つことしばし、「どたはち伝説中華そば」完成でーす♪
RIMG0361.JPG

RIMG0362.JPG
赤龍が描かれたシャープなサイドラインの切立丼で登場。

具は、小口切りネギ、細切りメンマ、細切れ鶏チャーシュー。
RIMG0368.JPG

RIMG0386.JPG
スープは、表面をたっぷりの鶏油が覆っています。

食材は、佐賀県唐津産アートテンブランド品の高級な丸鶏を100杯に5〜6羽と贅沢に使用。

豚肉もブロックで大量に使用とか。

わずかにとろみ感のある黄金色の清湯塩味。

清湯ですが、出汁自体は驚くほど濃厚です。

熱々のスープをふーふーしながらいただくと、鶏の旨味がすっと自然に舌と身体に沁みて、うわぁ!これは美味しい!

RIMG0377.JPG
「ご挨拶」に麺へのこだわりは書いてありませんが(笑)、麺は、中細縮れタイプ。

スープの持ち上げが良く、チュルシコで食べ易く美味しい麺でした。

RIMG0374.JPG
鶏チャーシューは、癖や鳥臭さが無く、旨味たっぷりなもの。

薄味の調味でスープと合わせて食べても美味しいし、単体でも鶏本来の旨味が堪能出来ます。

麺量は130gと少なめですが、鶏チャーシューがたっぷりと入っていて、トータルでボリューム感もあります。

RIMG0437.JPG
かなり美味しく満足の完食。

食後奥のレジで会計。

レジ脇にはショップカードと、ご自由にお取り下さいの飴がありました。

前回フラれた時に、中から出てきた「土田八サポータ」という男性の方から、土田八と多賀野の関連についての話があり、店主さんから直接話しを聞こうと思ってました。

が、食べた一杯があまり美味すぎて、聞くのを完全に忘れてしまいました(^^ゞ 激旨なので機会があれば、また行こう! その時は、ちゃんと質問しよう!^^; ごちそうさま!

めん処 土田八 (395/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック