2012年11月9日、本日オープンの新店、というか新ブランド「紫 くろ喜」へ。
RIMG0813.JPG
ラーメンWalker東京23区2013版の新店部門第3位。オープン1年足らずですが、押しも押されぬ超人気店となった「もてなし くろ喜」。名物は、キレの「塩そば」と濃厚な「味噌らーめん」ですが、金曜日限定で醤油専門ブランド「紫 くろ喜」が登場。そりゃ気になるって事で、この日は遅くまで立ち会い・作業の予定でしたが、途中会社を抜け出してこちらへ^^;

RIMG0752.JPG
18:30頃到着で行列26名。

前の方に知り合いチラホラ。後ろにも知合い多数w

「蔦」とコラボした1周年記念の時は物凄い行列でしたが、助かりました!今回は予想より少なかったです^^;

店頭には、「毎週金曜日は 醤油らーめん専門店 紫 くろ喜 として営業します」の掲示。

RIMG0806.JPG
暖簾も「紫 くろ喜」専用に新調。

RIMG0755.JPG
店頭掲示「紫 くろ喜」のメニュー。

RIMG0811.JPG
くろ喜での行列は、店舗に向かって入口から右へ。

くろ喜と隣のビルまでは店舗側へ、電気屋さんの前から歩道の車道側へ列ぶ方式。

ゆっくり列が進んで店頭へ。

明星食品からの開店祝花がありました。

そういえば「明星 饗 くろき 塩そば」カップ麺、美味しかったですもんね〜!

RIMG0748.JPG
列が入口に近くなると、1度店内で食券を買ってから再度列にならぶように誘導されます。

ってことで券売機、真ん中3行が「紫 くろ喜」用ボタン。

上段3行と果断はマスキングされています。

主なメニューは、鴨そば 細麺・手もみ麺、鴨つけそば、鴨白湯つけそば各880円、鴨ねぎ飯350円、他。
RIMG0743.JPG
ただし本日は初日とあって「つけそば」は休止、「鴨そば」のみの提供。

RIMG0749.JPG
オーダーは、「鴨そば(手もみ麺)」にしました。

着席後食券を渡すと、「手もみ麺は時間がかかります」とアナウンスがあります。

確かに、ワタシの後から入った細麺注文の人には、4人飛ばしで先に提供されてました。

RIMG0764.JPG
結局40分位列んで着席。

店内にはくろ喜大将。

最近まで手首の靭帯を痛めて休業・昼のみの営業と療養されていましたが、元気そうでホッとひと安心。

他にスタッフの方2名。

BGMは軽快でアップテンポなイージーリスニング。

卓上の説明書き、もちろん「紫 くろ喜」専用バージョンが用意されています。
RIMG0758.JPG

裏は、具の詳細説明。
RIMG0761.JPG

RIMG0785.JPG
卓上調味料も「紫 くろ喜」専用に用意。

白七味とホワイトペーパー?

そして待つことしばし、「鴨そば(手もみ麺)」完成でーす♪
RIMG0769.JPG

RIMG0773.JPG
丼は、一周年記念スペシャルの時に使ったのと同じタイプ。

具は、メンマ、鴨ロース、玉葱、春菊、長葱、すだち。
RIMG0779.JPG

RIMG0797.JPG スープは、鶏ガラというか鴨ガラと香味野菜で摂った、真性「鴨清湯」。

醤油ダレには、杉樽で作ったという小豆島の3種類の醤油を使用。

味は鴨の旨味が存分に溶け出していて、今思い出しても垂涎の美味しさ!

日本蕎麦の鴨せいろは大好きで良く食べます。
店にもよりますが、日本蕎麦のは鴨の脂を多めに出汁に溶け出させて、敢えて動物性に振っていると思います。

くろ喜の「鴨そば」は、オイリーさ皆無でシャープでクリアーな味わい。 なのに鴨の旨みがドーンと感じられて、期待を軽々超えるレベルの高さ。 はあ美味しい(*´ω`*)

RIMG0793.JPG麺は「細麺」は、パン用小麦メインで香り・コシのある麺。

「太麺」は、うどん粉メインでモチモチ食感、甘みのある麺とか。

「太麺」チョイスですが、驚くほど縮れの強いチリチリの平打ちタイプ。

そしてうどん粉というか小麦の風味が強く、小麦の団子(東北地方のひっつみ)を食べてるような感覚。

口中で跳ねまわる食感も楽しく、これは美味しい!

RIMG0788.JPG
チャーシュー代わりの鴨ロースは、鰹出汁・醤油ダレ・味醂で低温調理したそうな。

大変柔らかく、ジューシ。こりゃ、感涙の美味しさ!

RIMG0803.JPG
メンマは極太。味が沁みてて柔らかく美味い!

淡路島産玉葱は、コンフィ仕立て。

春菊とか具もとっても個性的、しかもどれも美味しい!

感動的な一杯で大変美味しく完食!「鴨つけそば」来週開始かな?かなり惹かれます!ごちそうさま!

紫 くろ喜 (401/'12)