2012年10月26日、池袋の新店「京都進化系 三代目 ねかし鶏ガラとんこつラーメン よってこや」へ。
RIMG2887.JPG
2012年10月1日オープン。大阪王将・太陽のトマト麺・よってこや等を展開するイートアンドが手がける新ブランド。「よってこや」の進化バージョンといったポジショニング。やはり同社の経営による「ホルモン拉麺 炎のモツ魂」が閉店。跡地に新ブランドを立ち上げた格好。

この日から東京ラーメンショー2012が開幕しましたが、この近くで21:00まで仕事。トラショーはちょうど終了時間ぅ(><) ってことで、近所のこちらへ。

RIMG2890.JPG
店頭立て看板には、「ねかし」の由来。

『濃厚なのに後味あっさり。

鶏と豚の旨味をしっかりと出すために空気を送り込む「大オール」でスープを何度も混ぜ込みます。

この混ぜ込みをしっかりと行うことで鶏のコラーゲンや甘味・香りが抽出され上品なのにボリューム感のある濃厚な味になるのです。

更に一度完成したスープを約6時間以上「ねかせる」作業で熟成させる。

これがねかし鶏ガラとんこつの味の秘密です。』

「大オール」って、草津で湯もみに使うヘラみたいなやつかな? 豚骨スープ煮出す際に、大きな棒やヘラでかき混ぜるのは、一般的な作業かと。 また、スープを寝かせるのも、注文毎に雪平鍋でスープを沸かす店だと普通にやってるような^^;

入店すると、先ず券売機で食券購入です。
RIMG2899.JPG

RIMG2894.JPG
主なメニューは、
鶏ガラとんこつ(醤油)650円、鶏ガラとんこつ(赤辛)700円、限定濃厚鶏白湯ラーメン750円(1日限定20食)、どろ旨鶏白湯ラーメン870円(訪問時X表示)、
他。

限定も気になりましたが、やっぱりディフォで。

と思ってボタンを押そうとしたら、ふと「辛」の字が目に入って、気づいたら「鶏ガラとんこつ(赤辛)」をポチってました^^;

RIMG2902.JPG
店内は、L字型カウンター12席、8人卓x1。

21:10頃入店で、先客2、後客8。

スタッフはすべて男性で3名。

BGMは、J-Pop。

卓上調味料は、辣油、酢、餃子のタレ。

そして待つことしばし、「鶏ガラとんこつ(赤辛)」完成でーす♪
RIMG2920.JPG

RIMG2911.JPG
柄の揃った受皿付きの丼で登場。

具は笹切りネギ、メンマ、ゆでモヤシ、チャーシューは豚と鶏の2種類。ディフォで黒胡椒がパラリと振りかけられています。
RIMG2914.JPG

RIMG2932.JPG
スープは、とろんとしたとろみあり系タイプ。

「鶏ガラとんこつ」と言うだけあって、とんこつのコクと鶏ガラによる後味のさっぱり感が同居した、確かに食べ易いスペックのもの。

辛さは程々で、食欲を刺激する調度良い辛味レベル。

際立った特徴は無いですが、なかなか美味しいです。

「よってこや進化系」との事ですが、よってこやを食べたのがだいぶ前(10年以上前?)なので良く覚えておらず、比較を出来ないのが残念。

RIMG2927.JPG
麺は、豚骨ラーメンによく合うタイプのストレート細麺。

シコシコ食感がいい感じです。

池袋で呑みの締めにも使えそう。営業時間も1:00までと使い勝手がいいですね。ごちそうさま!

京都進化系 三代目 ねかし鶏ガラとんこつラーメン よってこや (385/'12)