2012年10月7日、立川駅南口近くにあるラーメンコンプレックス「立川らーめん たま館」の新店「とんこつらあめん 南木商店」へ。
RIMG1038.JPG
2012年10月5日オープン。津田沼にある「九州らあめん 南木商店」の支店。アレアレアラーメンスクエアで大阪 塩元帥恵比寿 supported by 蔦亭をいただいた後、たま館へ移動してこちらを訪問w

RIMG1044.JPG
たま館は2012年10月5日から一部店舗を入れ替え、第4期 がスタートしました。

第4期のラインナップは、「南木商店」、「NIKU x NIBO さいころ」、「麺処 井の庄」、「天運我に有り」の4店舗。
RIMG0975.JPG

RIMG1050.JPG
第3期を卒業した店は、「ラーメンジミー」、「とんたんめん 盛々」、「中華そば 鏡花」なので、「井の庄」以外は新規出店という大幅なリニューアルとなっています。

第4期の店舗の内、「さいころ」と「井の庄」は本店で既食済み。

「天運我に有り」は二郎ライクなガッツリ系なので回避して、本店も未食の「南木商店」をチョイスしました。

RIMG1053.JPG
たま館入口には、南木商店の味玉・替玉・白めしいずれか一品サービス券付きチラシが置いてあります。

チラシはゲット。

しかし連食中なので、サービス券行使は自粛^^;

RIMG0960.JPG
南木商店へは、ラーメン王石神氏から大きな花輪が届けられていました!

RIMG0966.JPG
他にも、見たこと無いほど沢山の開店祝花が南木商店に届いています。

ずら〜りと列んだ祝花は圧巻!

入場すると、まず各店舗の前の券売機で食券購入です。
RIMG0984.JPG
麺メニューは、とんこつらあめん650円、味噌らあめん750円の2種類。そこにトッピングバリエーション。オーダーは、先ほど豚骨ラーメンをいただいたので、「味噌らあめん」にしました。

RIMG0996.JPG
食券を渡すと、「細麺」か「ちぢれ麺」のどちらかを聞かれます。

さっきが細麺だったので、今回は「ちぢれ麺」をチョイス。

さらに、「大盛り無料ですが」と聞かれます。

普通盛りを選択。

RIMG0987.JPG
さらにさらに、麺のゆで加減を聞かれます。

細麺は、粉おとし〜フニャまで7段階で指定可能。

ちぢれ麺は、かため・普通・やわらかめの3段階で指定可能。

「普通」でお願いしました。

ちなみに麺大盛りは無料ですが、替玉(細麺のみ)だと100円かかります^^;

RIMG0993.JPG
12:00丁度位の入店で、各店とも8割型の入り。

リニューアル直後と言う事で、全店大盛況。

南木商店は、厨房スタッフ2、洗い場1、ホール担当1。

箸は洗い箸で、エコ対応。

卓上調味料は、GABANの胡椒、辛子高菜、辛もやし、醤油、豆板醤、紅生姜、柚子七味的な粉末、にんにく、胡麻、ラー油等。

RIMG0999.JPG
壁面には、文字いっぱいの薀蓄掲示。

スープの薀蓄。

RIMG1032.JPG
麺について。

具のあれこれ。
RIMG1035.JPG

そして待つことしばし、「味噌らあめん」完成でーす♪
RIMG1006.JPG

RIMG1011.JPG
とんこつらあめんは白い丼でしたが、味噌の方は黒い器での提供。

具は、キクラゲ、きざみ青ネギ、ゆで野菜(モヤシ・キャベツ)、チャーシュー。
RIMG1014.JPG

RIMG1029.JPG
スープは濃厚ドロドロ高粘度な、色合いも粘性もまさにドロ系。

ベーススープ自体濃厚ですが、そこに背脂やマー油を調合しているとの事で、かなりヘヴィな味わい。

その高濃度スープに味噌ダレを溶かしこんでいて、思いっきりインパクトのある味わいに仕上がっています。

ベーススープに敢えて豚骨の匂いや癖を残しているのかな?

まさにガッツリ豚骨を食べてる感がして、満足度高し。 ただし、連食だと結構重たいかもw

RIMG1023.JPG
「ちぢれ麺」は、断面が長方形の太麺。

細麺と比べると量も多い模様。

味噌にするとゆで野菜もドーンと載って、「味噌・ちぢれ麺」だと実は最強ガッツリラーメンなのでしたw

旨いのですが相当にお腹に堪えてしまいました^^;次回機会があれば、ディフォの「とんこつらあめん」を細麺でいただいてみたいです。ごちそうさま!

とんこつらあめん 南木商店 (359/'12)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック