2012年9月22日、国立の新店「麺場 なっくる」へ。
RIMG2355.JPG
2012年9月6日オープン。店の場所は、国立駅北口から徒歩5分程。駅は国立ですが、住所は国立市ではなく国分寺市。

鶏そば ムタヒロで絶品の鶏そばをいただいた後、ソネブロ友の38410415さんと一緒にもう一軒行こうということになり、お互い未食のこちらへw

RIMG2352.JPG
店舗正面看板には、「次男坊継承」の文字。

店内壁面には、「次男坊」のポスター掲示。

店主さんにお聞きしたところ、らーめん 次男坊 小金井店@武蔵小金井からの独立との事。

ってことは、たまぞう@府中の孫弟子ですね。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
RIMG2292.JPG
主なメニューは、白ストレート650円、黒カーブ680円、なっくるつけめん750円、他。「ストレート」は細麺で、「カーブ」は中細麺だそうです。また、オススメは、「白ストレート」、次いで「なっくるつけめん」だそうです。店主さんがわざわざ厨房から出て来て丁寧に説明してくださいました。

RIMG2297.JPG
って事で、オーダーは「白ストレート」で。

この日は、通常150円の「まかない飯」が無料だそうで、内容を確認したところ「チャーシューご飯」だそうな!

サービスとは太っ腹って事で、そちらも発注。

RIMG2346.JPG
壁面掲示メニューは、プレモル350円と安っ!

杏仁豆腐100円、女性は無料と全般的にCP高し!

RIMG2298.JPG
店内は、カウンター7席、カウンター6席、4人卓x2。

厨房を前に2列のカウンターが配置された、とても珍しい客席レイアウト。

2列のカウンターは、個人的には麺や 璃宮@錦糸町以来です。

後ろ側のカウンターに着くと、前の客の背中を見ながらの食事になるので、気になる人もいるかも^^;

12:40頃入店で、先客2後客3位^^;  厨房には店主さん、他にホール担当女子2名。 ってか、店主さん凄く愛想良く丁寧で気持ちの良い接客!

RIMG2301.JPG
BGMは、J-Pop、大塚愛とかw

箸は割箸。

卓上調味料は、GABANのブラックペッパー、すりおろしにんにく、紅生姜、激辛高菜。

卓上掲示によると、替玉のストレート細麺は100円で、カーブ中細麺は150円也。

店名は「なっくる」ですが、麺を「ストレート」・「カーブ」とネーミングしているところから判断して、変化球の「ナックル」からネーミングしたものと推測。 店主さん、ピッチャーでもやっていたのかな?^^

そして待つことしばし、「白ストレート」完成でーす♪
RIMG2310.JPG

RIMG2319.JPG
器は、白濁スープが映える漆黒の丼。

側面に、ちょっぴり歪み系のデザインが施されたタイプ。

具は、炭火焼チャーシューx2、黒胡麻、ナッツ、チーズ、万能ネギ、ほうれん草。
RIMG2322.JPG
よく見ると、黒胡麻がまるで一塁線の様に、真っ直ぐに引かれています。胡麻ラインの中央にチーズとナッツ少量。特に炭火焼チャーシューの風味が香ばしく、肉厚で柔らかくって、ウマウマ!w

RIMG2335.JPG
スープは、わずかにとろみのついた白濁豚骨タイプ。

豚骨の癖や臭みゼロで、クリーミーで飲みやすいです。

豚骨の旨さを引き出す軽めの塩味で、文字通り調度良い塩梅^^

濃厚過ぎずかと言ってライトでも無く、なんとも絶妙な豚骨感。

キレとコクを両立した上品な豚骨スープで、こりゃ美味しい!

RIMG2328.JPG
麺は、博多ラーメンの様に極細まではいかない細ストレートタイプ。

ディフォで固めのゆで加減で、豚骨スープとも良く合っています。

RIMG2345.JPG
店主さんのオススメもあって、途中で卓上の「激辛高菜」をラーメンに投入。

これが結構辛くて、豚骨スープにドンピシャの好相性!

メチャ美味で、確かにおすすめ度数高し!

辛いのが苦手でなければ是非お試しを!

本日無料サービスの「まかない飯」
RIMG2304.JPG

RIMG2342.JPG
軽くよそわれたご飯の上に、細切れチャーシューとみじん切りのねぎがトッピング。

ラーメンにトッピングされたチャーシューもスープを吸って美味でしたが、炭火焼の風味がダイレクトに感じられるオンザライスチャーシューが絶品!

これが無料とは感動的!

あまり話題になっていない新店ですが、正直激うまでした!こうなると、「豚骨しょう油」という「黒カーブ」や「つけめん」も気になるところ。ごちそうさま!

麺場 なっくる (340/'12)