2012年9月8日、本日オープンの新店「つけ麺 たけもと」へ。
RIMG0880.JPG
まごころ厨房ロッチさんのツイートでオープンを知ったお店。本日オープンの新店のハシゴを決行すべく、まずは遠い方のこちらへGO!w

開店15分前に到着。既に、シャッター待ち1名。 どこかで見た方と思ったら塩哲さん、どーもお久しぶりです!^^

RIMG0808.JPG
店頭看板表記は「つけ麺 たけもと」、ですが灯籠型袖看板の表記は「麺匠 竹もと」。

後で店主さんにお聞きしたところ、こちらの正式な店名は「つけ麺 たけもと」。

お祖母さんが営んでいた仕出し屋「竹もと」(既に閉店済)の店名を貰って、新店の屋号としたそうです。

RIMG0814.JPG
店頭には開店祝花。ですが撮影忘れぅ(><)

ラーメン関係では、村上朝日製麺とつけ麺和利道から。

入口脇にも、村上朝日製麺の木札。

これまた後ほど店主さんからヒアリング。あまり多くは語りませんでしたが、元々イタリアン出身でつけ麺TETSUや和利道で働いた経験あり。他にも数店での経験ありの模様。

定刻2分遅れで開店。ってか、いきなり券売機不具合発生。急遽口頭前金注文で。
RIMG0817.JPG

RIMG0820.JPG
主なメニューは、鶏と魚介のつけめん800円、鶏と魚介の辛いつけめん850円、他。

ラーメンメニューの無い、ピュアつけ麺専門店^^

麺量は並200g、大盛300g(無料)、特盛400g(+100円)

オーダーは塩哲さんがつけ麺にしたので、辛いつけ麺にしてみました。

RIMG0826.JPG
白木のカウンターが印象的な店内は、和風モダンで新店らしい明るく清潔な印象。

奥に長いレイアウトで、席は厨房を囲むL字型カウンター10席。

後客5名。ってか、ワタシの後でシャッターされてたお隣の方、折を見ては店主さんに取材敢行。

もしやと思いお尋ねしたら、取材の達人シュザイツさんでした!どーもはじめまして!w

RIMG0829.JPG
厨房には店主さんとスタッフ、全員男性の総員4名。

箸は割箸。

卓上調味料は、一味唐辛子、ミックスペーパー、酢、醤油。

そして待つことしばし、「鶏と魚介の辛いつけめん (並)」完成でーす♪
RIMG0838.JPG

RIMG0841.JPG
お盆に載せられ、小皿にレンゲがセッティングされての提供。

ってか、配膳を間違えたり、味玉を入れ忘れたり、券売機トラブルのせいかオペレーションっはやや混乱気味。

つけ汁は左、麺は右と個人的には好きなレイアウトで登場!
RIMG0844.JPG

麺の上にはカイワレ、チャーシュー。
RIMG0850.JPG

RIMG0853.JPG
村上朝日製麺の麺は、断面が四角いストレート中太タイプ。

艶艶していてみずみずしく、見るからに美味しそう!

極太ゴワゴワつけ麺じゃないとこがイイですね!

RIMG0856.JPG
チャーシューは低温調理の、ピンクレアなタイプ。

RIMG0859.JPG
つけ汁の表面にはきざみネギが浮かんでいます。

「鶏と魚介のつけ麺」のつけ汁は、ややとろみが付いた濃厚タイプ。

そして、店主さんが言うように鶏が前面に出たタイプ。

主旋律が鶏で、魚介はベースを奏でる穏やかなバランス。

辛味は唐辛子主体で、揚げネギなどが入った自家製調味料を使用。

つけ汁が真っ赤で一見辛そうですが、ピリ辛で穏やかな辛さで、さらに食欲を刺激する方向に作用。

RIMG0868.JPG
鶏は、ブランド銘柄の伊達鶏を使用。

TETSUのDNAを感じるテイストで、しかも隅々まで丹念な仕事ぶりが伺われます。

非常にクオリティの高いつけ麺で、これは美味しい!

RIMG0874.JPG
スープ割りは、器を渡して割りスープを入れて貰う方式。

スープ割り後は、魚介が立って鶏が前面に出た先ほどとは表情を一変。

スープ割り後も、実に美味しいです。

ただ、ワタシ達が退店後、間も無くしてTETSUでお馴染みの焼石のサービスが始まった模様。 オープン初日で開店時間には間に合わなかったのかも。 だとすると仕方ないですが、何もアナウンスが無かったのは残念。

こちらは塩哲さんの「鶏と魚介の味玉つけめん (大盛)」
RIMG0832.JPG
少し味見させて貰いましたが、これぞ濃厚鶏魚介つけ麺のディファクトスタンダードといった完成された味わい。旨いですね〜!

駅近ですが狭い路地裏の立地。ですが、すぐ人気が出そうな予感。葉月に続き、雪が谷大塚に名店誕生ですね!ごちそうさま!

つけ麺 たけもと (320/'12)