2014年9月5日、つつじヶ丘の新店「柴崎亭」へ。R0040893
2014年9月1日オープン。柴崎の人気店「柴崎亭」が、柴崎から一駅隣りのつつじヶ丘に移転オープン。柴崎時代は1度だけ訪問しましたが、その旨さはちょっと感動すら覚える程でした!移転と聞いて、別なメニュを試すいい機会とばかりに直行w

R0040846 店の場所は、つつじヶ丘北口徒歩2分。

来々軒の跡地。

18:40頃到着で、店内満席外待ち4名。

移転後は駅に近くなって、席数も増えて、ますます行列するようになったそうですが、思ったより列び少なくラッキー!

実際後に5~6人列んだんで、タイミング良かったです!

R0040839 店頭には開店祝花いっぱい。

ラーメン店では、中華そばしば田、

R0040842 たけちゃんにぼしらーめんから。

R0040844 移転告知のポスターも、貼られていました。

ですが、花が邪魔で見えません(^_^;)

R0040854 お店は公称不定休ですが、店内券売機横に店休日の案内が掲示されていました。

とりあえず2014年9月は、10日、17日、18日、24日がお休みです。

休みは、ツイッターでも告知があると思います。

順番が来て店内へ。入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0040855
主なメニューは、こってりらー麺500円、あっさりらー麺500円、煮干しそば塩650円、煮干しそば醤油650円、香味そば650円、塩そば650円、山椒のそば650円、他。らー麺とチャーシュウ麺のみ+200円で大盛可能。

移転前とだいたい同じラインナップですね。オーダーは、柴崎ではメニュー先頭の「こってりらー麺」をいただいたので、今回は「煮干しそば塩」で。

R0040849 店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター11席。

券売機側の1~6番席は、食券買ってそのまま席に着けますが、7番以降の席は途中に柱がある関係で、いったん外へ出て後方出入口から入る必要があります。

で、11番席は胡蝶蘭が置かれていて不稼働。

ただ、胡蝶蘭を片付けたとしても、厨房と席で丼をやりとりしたりするのは、距離が離れ過ぎていて、ちょっとキツイかも。

厨房には、店主さんと女性スタッフ(女将さん?)、2名体制。

ってか、店主さん、アロハシャツとハットで、BEGINのボーカルの比嘉さんそっくりなコスチューム。

実際、顔も容姿もうり二つ(*´艸`*)

R0040858 BGMは、ロック&ポップス。

店内2台のモニターには、PVが流れています。

箸は、洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、ミル入り粒黒胡椒。

そして待つことしばし、「煮干しそば塩」完成でーす♪
R0040863
2012年秋に初登場した際のネーミングは「黄金のしおらーめん」だったそうな。さもありなんというビジュアルの美しさ!

R0040867 普通盛り用と大盛り用の2種類の丼が用意されていて、メニューによる丼の違いはなく、麺量で器が変わるようです。

具は、かいわれ、小口切りネギ、メンマ、チャーシュー。
R0040873

R0040885 スープは、さらさらの清湯塩味。

「煮干しそば」というネーミングですが、分かり易い煮干し全開ではなく、おそらく動物性の出汁も加味した複雑で奥深い味わい。

レードルを使わずに、柄杓で注ぎますが、分量をピタリと決めるのは、プロの仕事!


ファーストインパクトは煮確かに干しですが、様々な素材の活きた旨さが高次元にバランスして、素晴らしく美味しい!

R0040876 麺は、田村製麺所の中細ストレートタイプ。

平ざると箸を巧みに使った麺上げは、見ていてホレボレするほど。

綺麗に折りたたまれた麺のビジュアルも、お見事!

しなやかで滑らかな食感の麺で、以前食べた時より更に進化してる感じ。

大変美味しいです!


具では、ピンクのローストチャーシューが大変美味!赤身と脂のバランスが秀逸で、脂の甘味がウマイんですよ!ばら肉チャーシューはどちらかと言うと苦手ですが、こちらのはマシマシしたい位絶品です!

美味しく完食汁完!リピートします!ごちそうさま!

柴崎亭 (291/’14)