2013年11月14日、平井の「奥州白河らーめん まる政」へ。R0018736
白河ラーメンの専門店で、オープンは2006年か2007年のようです。

積年の宿題店でしたが、濃厚熟成味噌ラーメン 修兵衛を訪問するにあたり、せっかく平井まで来たのだからとこちらとのセットを計画。営業時間の関係から、こちらを先に訪問しました。

R0018768店の場所は、平井駅北口から蔵前橋通りを超えた先にある商店街のなか。

駅徒歩8~9分ほど。

こちらは、女将さんの実家が手打ちラーメン ふくふく@新白河だとか。

その関係で店主さんは、ふくふくで修行したそうな。

そのため、麺もスープも具もすべて白河流なのだそうです。

店内は、厨房前と壁に向かったカウンターの6席、6人卓x1。

19:40頃到着で、先客はテーブルでグループ飲みの6名、後客無し。

厨房には大将と女将さん。

券売機は無く後会計制。

主なメニューは、つけ麺750円、中華そば600円、ワンタン麺700円、焼豚麺800円、特製塩ラーメン750円、担々麺800円、味噌らーめん(夜限定)750円、他。
R0018766
オーダーは、「ワンタン麺」にしました。

R0018739BGMはテレビ。

箸は割り箸。

卓上調味料は、醤油、酢、七味唐辛子、ラー油、胡椒。

そして待つことしばし、「ワンタン麺」完成でーす♪
R0018744

R0018747 ずっしりと重量感のある玉丼で登場。

具は海苔、メンマ、ワンタン、ゆでたまご半個、ほうれん草、きざみネギ、チャーシュー。
R0018753

R0018759 スープはさらさらの清湯醤油味。

透き通った透明度の高いもので、見た目まるで塩味の様。

味は、生姜がほのかに香るスッキリとした醤油味。

はんなりとした優しくて懐かしい味で、美味しい!

R0018756 麺は強い縮れのある手打ちの自家製麺。

多加水でピロピロした食感が楽しく美味しいです。

R0018762具では、何と言っても燻製香が香ばしい肩ロースのチャーシューが、しっとりと柔らかく美味。

わんたんはほぼ皮で、肉餡ちょっぴり。

チュルチュルの食感を楽しむ文字通りの「雲呑」でこれまた旨し。

本場さながらの白河ラーメンで美味しく完食!「特製塩ラーメン」とか、他の麺メニューも気になります。ごちそうさま!

奥州白河らーめん まる政 (398/’13)