2014年8月28日、虎ノ門・内幸町・新橋エリアの新店「濃厚鶏そば 麺屋武一 はなれ」へ。R0039998
2014年8月19日オープン。すぐ近所に本店があって、飛ぶ鶏を落とす勢いで拡大路線を突っ走る麺屋 武一の支店。

武一系列はかなり食べているので、単なる支店ならスルーしようかとも思いましたが、今回は、やはり近くにある京鰹節 つけ麺 愛宕の協力による新味を提供とか。

それは気になると、朝から近くで仕事のあったこの日、ランチタイムに突入w

R0040050 店の場所は、ラーメン アタゴロウの跡地。

アタゴロウは、一度入ろうとして満席外待ちありで、時間が無くて諦めて、結局それっきりになっちゃいました。

アタゴロウって、京鰹節 つけ麺 愛宕で提供していた二郎インスパイアが好評で、そのメニューがスピンアウトしたお店。

それが撤退とは意外。

ですが、跡地を知己の麺屋 武一が引き受けて新店を出店。

その際に、京鰹節 つけ麺 愛宕に、新味開発のために協力を仰いだ形。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0040009

R0040002 主なメニューは、
濃厚鶏白湯そば800円、
鶏白湯そば750円、
濃厚つけそば800円(並・中同料金)、
他。

全部のせ仕様の特製は、200円増し。

濃厚鶏白湯そばは、ディフォで醤油味ですが、塩の指定も可能。

券売機上には、写真付きのメニュー説明掲示。オーダーは、券売機先頭左端の「濃厚鶏そば」にしました。
R0040006

R0040011 店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター6席。

席間・後ろ共に狭く、6人座るとかなり窮屈(^_^;)

12:20頃到着で、先客1。

空いてると思ったら、タイミングは良かったらしく、後客6で、外待ちも発生!

厨房には店長さん?一人で店を切り盛り。

R0040014 BGMは、J-Pop。

箸は割り箸。

卓上調味料は、魚粉、ミル入り白胡麻、酢、原了郭の黒七味・粉山椒、タレ?

カウンターには、「麺屋武一 はなれ」の説明掲示。
R0040017
「はなれ」のスープは、「武一」の鶏白湯に、京鰹節で摂った出汁を加えたもので、「愛宕」の協力で完成したとか。

R0040020 各メニュー説明も掲示。

濃厚鶏白湯そばは、京鰹節で炊いた出汁を加えたとあり、鶏白湯そばは、京鰹節出汁をほんの少量加えた、と書かれています。

ですが、濃厚つけそばは、京鰹節出汁の言及は無く、新橋本店と一味違うという説明になっています。

そして待つことしばし、「濃厚鶏白湯そば」完成でーす♪
R0040023

R0040029 時折目にする、タコ唐草模様の反丼で登場、

具は、海苔、穂先メンマ、きざみ玉ねぎ、きざみ青ネギ、鶏つくね、鶏チャーシュー。
R0040037

R0040044 スープは、さらりとした白湯醤油味。

「濃厚」というメニュー名ですが、本店の同名メニューよりは、粘度も鶏出汁の出方も明らかに軽めのチューニング。

予備知識がなければシャバいと思うかもですが、これは、元々濃厚な鶏白湯スープを、京鰹節の出汁で割ったためと思われます。

鶏の癖が抑えられて、まろやかな味わいになっています。風味はナチュラルでいい感じ。残念ながら、京鰹出汁というか、魚介はほとんど感じられません。もっと京鰹出汁を前面に出した方が、より個性が出て、一層本店と差別化出来ると思いますが、これはこれで美味しいから、今後に期待かと^^;

R0040043麺は中細わずかに縮れのあるタイプ。

店頭に、製麺所名の入っていない無地の麺箱がありましたが、製麺所は不明。

本店で使用してる麺と同じと思われます。


武一系では、鶏つくねがいつも絶品の味ですが、今回はちょい薄味で、あまり味が無かったかな?たまたまだと思いますが^^;

美味しく完食!久々に京鰹節 つけ麺 愛宕に行きたくなりましたw ごちそうさま!

濃厚鶏そば 麺屋武一 はなれ (280/’14)