2014年6月13日、駒込の新店「らーめん とん駒」へ。R0033922 
2014年5月10日オープン。店主さんのブログによると、西荻窪の麺創房 さくらの店主さんの下で修行されていたようです。角中中華そば店@幡ヶ谷の後、一仕事済ましてこちらへ立ち寄りw

R0033865 店の場所は、駒込駅東口徒歩2分。

さつき通り商店街沿いでらぁめん 泰然の並び。

店頭には狸の置物。

店の入口に狸の置物が置いてあるラーメン屋さんは珍しい!



R0033862 オープン後しばらくは夜営業のみでしたが、現在はランチ営業も開始しています。

R0033868 入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、
らーめん690円、
濃厚坦々麺780円、
他。

R0033859 豚骨ラーメンと濃厚坦々麺の2枚看板。

オーダーは人気でウリの「濃厚担々麺」にしました。

R0033856個人店ですが、替玉1玉無料という大手資本系並の太っ腹なサービスあり。

R0033883 店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席位?

21:10頃入店で、先客3、後客4。

厨房には店主さん、一人で店を切り盛り。

カウンター後ろにはコミックスがずら~りと並んでます。

本棚の横には、カネジン食品のダンボール。

券売機の横には牛骨がぶら下がっていて、まるでがんこ系な様相。



壁面とカウンターには掲示物たくさん。
R0033880

替玉は極細麺での提供。また、麺の硬さを6段階で指定可能。
R0033874

R0033877 BGMは、J-Popとか、アニソン(ルパン三世のテーマ)とかいろいろw

箸は割り箸。

卓上調味料は、白胡椒、味かえ香味酢、白ゴマ、タレ、紅生姜、紅葉おろし入りニンニク、辛味高菜。

R0033873 自家製「味かえ香味酢」は、根生姜と鷹の爪入り。

そして待つことしばし、「濃厚坦々麺」完成でーす♪
R0033889

R0033892 白濁スープが映える黒い丼で登場。

具は、きくらげ、青菜、ゆでキャベツ、きざみネギ。
R0033897

R0033908 スープは、ドロっと濃厚な豚骨タイプ。

ビジュアル的にも味的にも、担々麺らしさはあまり無しw

白ぽいスープはいいとして、ラー油の赤は欲しいところです^^;

味はベジポタ風の豚骨に、胡麻がバッチリ効いています。

それからスープに沈んじゃって見えませんが、牛ひき肉がたっぷり入ってます。このゴマとひき肉が味の決め手になっていて、肉の旨みがほとばしる感じです。ですが、辛味と痺れは殆ど無く、やはり担々麺としては寂しい感じも。

R0033901 麺は、カネジン食品の中太縮れタイプ。

しっかりとしたハリとコシがあって、美味しい麺ですね。

担々麺でも替玉一杯無料とのことで、お願いしてみました。担々麺提供時の麺は中太麺ですが、替玉は博多ラーメンチックな極細麺になります。
R0033913

R0033916 ゆで加減は、バリカタ指定。

ややスープが少なくなっちゃって、油そば的になりましたが、ゴマ豚骨に細麺の組み合わせも面白いし、美味しかったです。

美味しく完食!ディフォの「ラーメン」も気になります。ごちそうさま!

らーめん とん駒 (189/’14)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック