2014年7月19日、大久保の新店「元祖盛岡じゃじゃ麺専門店 じゃじゃおいけん 大久保店」へ。R0036468
2014年7月18日オープン。三軒茶屋に本店のある、盛岡じゃじゃ麺専門店じゃじゃおいけんの2号店。盛岡三大麺(冷麺・じゃじゃ麺・わんこそば)はみんな大好きで、じゃじゃおいけん@三茶の存在も知ってましたが、これまでタイミングが合わず未訪でした。って事で、とても楽しみに訪問!

R0036400 店の場所は、大久保駅徒歩3分、新大久保駅徒歩7分。

麺屋 鯱の隣。

折しも、汁なしの名店で台湾まぜそば発祥の店麺屋 はなび 新宿店が近くにオープンしたばかり。

台湾まぜそば→盛岡じゃじゃ麺の連食も夢じゃない!w

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0036403

R0036397 主なメニューは、
じゃじゃ麺 中盛140g 700円、
冷やしじゃじゃ麺 中盛140g 700円、
チータンタン(生卵)80円、
他。

じゃじゃ麺はお持ち帰りも可能。

オーダーは、「じゃじゃ麺 中盛」にしました。

R0036409 オープン日の7月18日~7月24日までの1周間、オープニングサービスとして、「チータンタン’生卵)」サービス。

R0036421店内は、奥突き当りが厨房で、手前が通路と壁に向かったカウンター8席。

開店直後に到着したのですが、いきなり行列^^;
実際は食券購入の列でしたが、先客6はシャッターしてた模様。

後客2と活況のオープニング。

壁面にはお持ち帰りのインフォ掲示。

R0036418スタッフは全員男性で、厨房2、ホール担当1。

ホールの方は、盛岡出身だそうです!

壁面掲示のワーニング『「じゃじゃっぱね」注意報発令中!!』w


R0036415 BGMはJ-Pop。

箸は割り箸。

卓上調味料は、肉味噌、自家製ラー油、酢、一味唐辛子、塩、胡椒、おろしニンニク。

R0036456肉味噌が卓上にあって、入れ放題ってのが素晴らしい!( ^)o(^ )

卓上のメニュー立てには「盛岡じゃじゃ麺の食し方」
R0036412  

R0036427 壁面ポスターその1、
4月14日は「じゃじゃの日」とか。

R0036424 壁面ポスターその2は、
「あまちゃんサミット」。

8月30日盛岡で開催だそうです(~_~;)

そして待つことしばし、「じゃじゃ麺(中盛)」完成でーす♪
R0036430

R0036436 中盛りは、スクエアなフォルムの切立丼で登場。

周りが注文してた大盛りは、ふっくらとしたラインの高台型丼でした。

具は、きゅうり、肉味噌、ネギ、生姜。
R0036445

R0036448 提供時「良くかき混ぜてお召し上がり下さい」とのアナウンス。

麺は、平打ちの太麺。

ほぼうどんに近い食感。

モチモチの太麺に肉味噌を絡めていただくと、わー!うんま~い!
ヽ(^o^)丿

肉味噌は意外なほどアッサリとした味付けですが、それがいい味を醸しています。癖の無い味なので、卓上の味変アイテムが大変効果を発揮します。特にラー油と酢がガチに会いますね!

R0036457 で、じゃじゃ麺を食べ終えてからのお楽しみは「チータンタン」。

「チータンタン」=「鶏蛋湯」でしょうか?

7/24まで無料サービス中。

卵を割り入れ溶いて丼を渡すと、肉味噌・ネギが入って、ゆで湯が注がれて、卵スープの出来上がり!

R0036463 丼を渡す際に、少量麺を残すのがポイント!

そうすると、玉子スープ麺が楽しめます。

ゆで湯ですが、これが何故か美味しい!

しかも、たっぷりスープってのが嬉しいですね~!

美味しく完食!大久保で、本格的なじゃじゃ麺が食べられるとは嬉しい限り!「冷やしじゃじゃ麺 」も気になります。ごちそうさま!

元祖盛岡じゃじゃ麺専門店 じゃじゃおいけん 大久保店 (231/’14)