2014年7月1日、本日オープンの新店「ラーメン 忠(タダ)」へ。R0035311
カラスさんのブログで情報をゲット。ビジュアルからなんとなく、最近スルーしている二郎系っぽいオーラを確認。ですが、カラスさんの推しなら間違いないっしょ!って事で、早速訪問w

R0035269 店の場所は、亀戸駅北口近く、亀戸餃子の並び。

メキシカンレストランとかインド料理店とか、和風居酒屋とかいろいろ軒を連ねる施設「亀戸横丁」内。

R0035257 施設入口前のA4立て看板は、開店祝い花と一体化して、これでもかとディスプレイというかデコレーションてんこ盛り(笑)

R0035253 看板全景。

7月1日OPENと、メニュー、1周間限定OPEN記念、ラーメン680円→500円、ツケメン750円→600円のインフォ。
R0035266

R0035323 ラーメンの紹介。

「トッピング野菜を頼めば まさに!!◯郎級」
R0035263

R0035265 「自慢のツケメン」の紹介。


R0035317 ラーメン忠は、亀戸横丁内の一番奥右手。

亀戸横丁の中は画像のような雰囲気で、いきなり昭和の世界にタイム・トリップしたような感覚w

各店舗は客席が通路に面したレイアウトで、開放感抜群。

その特徴を活かしてか、横丁内では、店を移動せず他店のメニューを出前出来るそうで、そりゃ便利!

着席前に、まず券売機で食券購入です。
R0035272
主なメニューは、ラーメン680円、ツケメン750円、チャーシューご飯200円、ビール・酒類各400円、他。
ですが、オープンから1周間はOPEN記念セールで、ラーメン680円→500円、ツケメン750円→600円。

R0035276野菜大or特、チャーシュー小、チャーシュー大は各別料金。

チャーシュー小・大注文の場合、野菜大盛サービス。

R0035275チャーシューは、バラ・肩ロースから選択可能。

アブラ多め・少なめ、味濃いめ・薄め、麺少なめが指定可能。

オーダーは、「ラーメン」で。

チャシューは肩ロースで、他は特に指定なしにしました。

R0035314 席は、厨房を囲むL字型カウンター10席位。

18:40頃入店で、始終貸切状態。

厨房には店主さん、一人で店を切り盛り。

一見寡黙な感じの店主さんですが、話してしまえば明るく人懐っこく話していただけます。

R0035278 BGMは、他店のいろいろな音楽とかラジオとか、聞こえてきますが、こちらの店ではFM放送。

箸は割り箸。

テッシュは掲示がありませんが、カウンター下の棚にありました。

卓上調味料は、GABANのブラックペッパー、おろしニンニク。

そして待つことしばし、「ラーメン」完成でーす♪
R0035284

R0035290 特に野菜増しはしなかったので、盛りは控えめ。

具は、海苔、野菜(ゆでモヤシ・ゆでキャベツ)、チャーシュー。
R0035293
チャーシューはディフォで2枚入り。肩ロースを指定しましたが、2枚入りならバラとロース両方は無理?(;^ω^)

R0035308スープは、ややとろみのある濃厚豚骨醤油味。

乳化が進んで、油分がすっかりスープに溶け込んだ印象。

アブラ普通、味の濃さ普通ですが、味わいとしては、マイルドライトな二郎タイプ。

直系は久しく食べていませんが、どことなく品二にちょい似。

化調感も無く、二郎を丁寧に上品に作った感じ。食べ易い仕上がりですが、豚の旨味は申し分なくスープに結実していて、とっても美味しい!

R0035299 麺は、浅草開化楼製。

わずかにウェーブのあるストレート太麺。

並盛のディフォで200gとボリュームあり。

しっかりとゆで上げられていて、麺自体の旨さが引き出されています。

コクのあるガッツリスープともバランスしていて、食べ出があり美味しい!

最初に天地返しして味を慣らして美味しく完食!ちょっとわかりづらい場所ですが、ハイレベルなG系なので、認知されれば人気が出そうです。頑張って下さい!ごちそうさま!

ラーメン 忠 (212/’14)