2014年4月25日、野方の新店「麺処 今川」へ。
R0030381
2014年4月24日オープン。最近麺屋 縁道@門前仲町がオープンしたばかりのこうじグループから、また新たな新店が誕生。店主さんは田さんと久保さんのコンビで、お二人の頭文字を取って「今川」とかw

事前情報によると、ほん田で修行された方のお店と聞いていましたが、ラーメンバンクによると、今田さんは大勝軒、川久保さんはほん田出身だそうです。

ともあれ、凄く気になりMAXで早々に訪問w

R0030372 店の場所は、野方バスロータリに面した一角。

豚骨味噌ラーメン じゃぐら 野方本店の3軒左隣り。

R0030375 店頭には開店祝花。

麺屋一燈の坂本さんと麺処景虎さんから。

入店すると、まず券売機で食券購入です。主なメニューは、らーめん 魚780円、らーめん 鶏780円、他。
R0030318 

R0030324券売機にも掲示してありますが、「魚だし」と「鶏だし」のツースター構成。

オーダーは券売機先頭左端の「らーめん 魚」にしました。

券売機上には、山岸マスターのラーメン人生60周年記念赤い丼がディスプレイ。

R0030323らーめんを注文すると、麺を細麺か、「中華蕎麦とみ田(心の味食品 製)」の「特注手もみ麺」のどちらかから選ぶように聞かれます。

もちろんとみ田製麺の麺をチョイス。

ってか、オススメトークがモロ「手もみ麺」で、後客全員「手もみ麺」セレクトとか^^;

R0030338店内は、厨房を囲むL字型カウンター7席。
11:50頃入店で、先客6の空席1に滑り込み!

後客パラパラ、外待ちこそ発生しませんが、常時満席キープな状況。

ってか、奥の方にぼぶさんがいらして、隣に席を移っていただくまで全く気づきませんでした汗

徹夜明けとはいえ、注意力散漫ですみません
m(_ _)m

R0030327BGMはヒーリングミュージック的な。

箸は、洗い箸と割り箸のW装備。

卓上調味料は、無し。

便に入ってるのはゴムひもかな?

卓上メニュー。
R0030330 
後で良く見たら、ワンタンメンはわずか100円アップとリーズナブルな設定。今度は忘れずにと、次回の為に自戒!(爆)

そして待つことしばし、「らーめん 魚」完成でーす♪
R0030342

R0030345 「麺屋 こうじ」のロゴ入り切立ち丼で登場。

具は、海苔、メンマ代わりの山くらげ、鶏チャーシュー、鶏のつみれ?
R0030351
丼の端っこにゆず胡椒が付いてくるのはほん田イズムw

R0030363 スープは、さらりとした清湯醤油味。

動物性不使用らしいのですが、物足りない感は全く無し。

分厚いフルボディの和出汁が、堰を切ったかのごとく奔流のように押し寄せて来ます。

強靭な魚出汁ですが、魚臭さや癖は皆無。

感動が広がる味わいで、これは美味し!

R0030354麺は、心の味食品製平打ち中太タイプ。

提供直前に丹念に手揉みされて、強い縮れが付いています。

コシのあるぷりっとした食感が心地良い酔い!

なんとも言えず美味しい!

こちらは、ぼぶさんの「らーめん 鶏」。
R0030333
少し味見させて貰いましたが、物凄い鶏鳥トリのオンパレード!鮮烈な鶏出汁で、やまぐちさんとこにもチョイ似なシフト。こちらも素晴らしい完成度ですね!マジヤバ激ウマ!

またまた凄いレベルの新店が登場で、このエリアに来る楽しみが増えました!券売機ボタンもいっぱい空きがあるし、限定ボタンもたくさんあるので、今後の展開に目が離せません!ごちそうさま!

麺処 今川 (134/’14)