2014年3月6日、本日オープンの新店「鶏そば 神樂(かぐら)」へ。R0027739
「えびだしらーめん」が美味しい麺や 雄@王子のセカンドブランド。新店は、本店の海老から一転して人気の鶏清湯・鶏白湯を提供。どんなんか楽しみに訪問w

R0027793店の場所は、竹ノ塚駅西口徒歩2分。

いるかの跡地。

店主さんは、竹ノ塚で創業して現在は立川ラースクに移転した、ましこ亭の大将のご子息。

って事で、店主さんの故郷竹ノ塚への、凱旋出店。

店のマークが鳳凰をデザインしたもので、カッコイイす!

R0027742店頭には開店祝花。

柏レイソル工藤 壮人選手と日テレnews everyから。 

 

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0027748

R0027745主なメニューは、
鶏正油そば750円、
鶏塩そば750円、
鶏つけそば750円、
濃厚鶏白湯900円(限定20食 柚子胡椒ごはん付)、
他。

丸鶏をふんだんに使ったという鶏清湯と、手羽先のみを使ったという数量限定の鶏白湯が2枚看板。

味玉は、放し飼いで育った鶏からの山麓卵だそうです。

オーダーは、最も基本メニューと思われる「鶏正油そば」にしました。


店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター8席。

ですが、胡蝶蘭が置いてあったり、書類が置いてあったりで6席のみ使用。

4人卓x2。



R002779020:10頃訪問で、先客5、後客6。

厨房には、若い店主さんとスタッフの男性。

ホール担当女性スタッフ1。

そして、ましこ亭のご主人も馴染みのお客さんの相手に、客席に立たれていました。

厨房には、浅草開化楼の麺箱。


R0027751BGMは、インストゥルメンタル。

箸は洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、ミル入りブラックペッパー。

卓上の追加トッピング・ごはんもの・ドリンクメニュー。
R0027789

そして待つことしばし、「鶏正油そば」完成でーす♪
R0027760

R0027766 つけ麺がウリのお店で良く見かける丼で登場。

具は、千切りネギ、きざみ青ネギ、穂先メンマ、低温調理の鶏チャーシュー、鶏つくね。
R0027769

R0027781 スープは、さらりとした清湯醤油味。

鶏油の効きもバッチリ。

カエシの立ったキレのある、淡麗系醤油の流行最先端を行く味の組立て。

どこかで食べたことがある、でもちょっと違う、そんな味わい。

文句なしに美味しいのですが、際立った個性が無く、どこか似というのがとても惜しい感じ。

R0027777麺は、浅草開化楼製のストレート細麺。

麺の方はどこか似と言う事もなく、良くも悪くも開化楼製w

もちろん十分美味しいのですが、もう気持ち細めにするか、もうちょい低加水の方が、もっとそれらしい気もします。 

具の鶏チャーシューは、しっとりと柔らかく旨!

鶏つくねは軟骨入りで、メチャ旨でした。

いろいろ述べましたが十分美味しく完食。ってか、これからまだまだ美味しくなりそうです。数量限定の「濃厚鶏白湯」も気になります。ごちそうさま!

鶏そば 神樂 (73/’14)