2014年2月21日、本日オープンの新店「地鶏らーめん 秋津」へ。R0026675
地鶏ラーメン研究会の暖簾分け店が、なんと幸手市にオープン!それは気になると、初日に訪問w

R0026673 店の場所は、杉戸高野台と幸手の間。

杉戸高野台から約1km、幸手から約2km。

ジョイフル本田の並びで、ジョイフル本田から春日部寄りに約200m。


R0026680 駐車場は店頭に3台分、店の裏に広いスペースがあって計10台分位あり。

R0026733物件的には、会津喜多方らーめん 幸手店の跡地。

R0026730 店舗外回りには開店祝花はありませんでしたが、店内に花がありました。

ラーメン関係では、くりの木。

R0026722 地鶏ラーメン研究会 本店 阿波家から。

店内は、厨房を囲むL字型カウンター8席位、4人卓x3。

20:00頃訪問で、先客2、後客6。

厨房には店主さん、ホール兼厨房サポートの女子2名。

券売機は無く、後会計制。


主なメニューは、塩らーめん670円、醤油らーめん670円、鶏醤らーめん750円、他。
R0026686

R0026726 「鶏醤らーめん」は、北海道・三笠産の鶏醤(鶏から作った天然発酵調味料)を使用したタレを地鶏スープに合わせたもの。

1日限定10食。

オーダーは、「地鶏ラーメン研究会の看板メニュー」という「塩らーめん」にしました。



お品書き裏は、サイドメニュー一覧。ご飯物もあり。
R0026689

R0026692BGMはJ-Pop。

箸は洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、無し。

そして待つことしばし、「塩らーめん」完成でーす♪
R0026695

R0026707

メニューの説明書きによると、
「こだわりの地鶏スープに、藻塩とシーリ貝を合わせた白タレで作る地鶏ラーメン研究会の看板メニュー!」
とのこと。

具は、穂先メンマ、小口切りネギ、海苔、チャーシュー。
R0026706

R0026716 スープは、さらさらの清湯塩味。

鶏の旨みたっぷりの柔らかい味わい。

最新トレンドの淡麗清湯塩ラーメンとはベクトルが違いますが、ちょっと懐かしくてホッとする優しいテイスト。

滋味溢れる奥深い味で、とっても美味しい!

R0026713 麺は自家製麺とか。

中細のややウェーブのあるタイプ。

ソフトな食感ですが、鶏旨スープと相性良く、美味しい!

具では、チャーシューが生姜の効いた濃い目甘めの醤油味。

柔らかく意外性もあり楽しく旨し。

美味しく完食!「醤油らーめん」も試してみたいし、何より限定10食の「鶏醤らーめん」が気になります。ごちそうさま!

地鶏らーめん 秋津 (56/’14)