2013年12月24日、北千住の新店「らーめん 汐屋 そう壱」へ。R0022084
2013年12月22日オープン。 店の場所は、北千住駅東口(電大口)出てすぐ目の前。味楽の跡地。

この日クリスマイブの聖なる夜ですが遅くまで仕事。疲れ果てて麺食は諦めての帰路に、電車が人身事故で運転見合わせとか∑(゚Д゚) 退路を絶たれて、じゃあ一杯食べて時間潰そうかと駅前のこちらへ立ち寄り。

R0022087 こちらは、秋葉原水天宮前に支店のある潮屋まる長の系列店。

推し麺は「塩そば」で、塩ダレに「淡路島の藻塩」を使っているのが各店共通の特徴。

一枚目店舗画像は食後撮影。

食べてる間に終業時刻となり、外郭照明が消灯。

「菅野製麺所特製」の木札が裏返って、「仕込中」になっちゃいました(;^ω^)

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0022049

R0022040 主なメニューは、
塩そば700円、
醤油そば700円、
味噌そば750円、
辛味噌そば750円、
柚子塩つけ麺800円、
醤油つけ麺800円、
味噌つけ麺850円、
辛味噌つけ麺850円、
他。

ランチタイムはプラス100円で、
A:半炒飯
B:餃子+小ライス
のセットあり。

また、ランチタイム小ライスサービス。

麺大盛り終日サービスとお得感あり。

メニューラインナップはアキバ・水天宮前の各店と同じですが、その2店と全体的に比べると20円ほど値上がりしてますね。前の2店も価格改定してるのかな?
R0022045 
オーダーは、やはり定番の「塩そば」にしました。ってかアキバでも水天宮前でも、「塩そば」食べてますね。ここ来ると「塩」以外注文する気にならないのも事実(^^ゞ

店内は厨房を囲むL字型カウンター12席。21:40頃入店で、先客10、後客10と、時ならぬ行列発生。ってか、22:00閉店で、閉店時刻に列んでればセーフという、駆け込み需要だったみたいです(^_^;)

R0022052厨房は男性スタッフ2。

BGMはJ-pop、ドリカムとか。

箸は割り箸。

卓上調味料は、GABANのホワイトペッパー、醤油ラー油、酢、柚子胡椒、揚げネギ。




そして待つことしばし、「塩そば」完成でーす♪
R0022055

R0022068 ちょっと趣きのある、風雅な器で登場。

空調の風で、海苔が倒れてしまいました(^m^;)

具は、海苔、ほうれん草、きざみネギ、メンマ、チャーシュー。
R0022063

R0022076 スープは、さらさらの清湯塩味。

乾物類とか魚介メインのあっさり淡麗スープで、奥深く飽きの来ない味わい。

やや旨味過多な気もしますが、塩らーめんらしい味で旨いです。

あっさりな分、夜遅く食べても影響少ない気がします←気のせい(^^ゞ


R0022070 麺は菅野製麺所製。

緩やかなウェーブのある中細タイプ。

ちゅるちゅるな食感・喉越しで、塩ラーメンの正しい麺って感じですw

途中柚子胡椒投入で、塩らーめんの正しい味変wってか、ほんと塩らーめんと柚子胡椒の相性は鉄板ですね!

量も適度でするりと完食。また困った時には寄らせて貰います(^^ゞごちそうさま!

らーめん 汐屋 そう壱 (447/’13)