2012年11月28日、淡路町の新店「麺巧 潮」へ。
R0012428.JPG
2012年9月21日オープン。

この日は珍しく外出。神保町に13:30予定だったので、ランチを徒歩圏内で物色。前回大変印象の良かったこちらに再訪を決定!

R0012380.JPG
12:30頃到着。

店内満席外待ち6名。

R0012374.JPG
店頭ボードには、店主さんからの一言が。

毎日違う内容で書かれているようです(驚)

『今日も良い出し取れてます。

営業させていただきます。感謝。』

感謝に迎えられるって、いいです!

R0012383.JPG
行列が進んで入口前へ。

入口前からは、ガラス張りの製麺室が見えます。

窓枠の所には、前回無かった「日本一しょうゆ」のボトルが置いてありました。

R0012390.JPG
11分後に着席。

店内は、厨房と反対側の壁に向かったカウンターで5席・5席。

前回未開放だった奥の4人卓も、この日はフル稼働。

厨房には店主さん、ホール担当男性スタッフの2名体制。

BGMは、ポップなジャズミュージック。

券売機は無く、後会計制。麺メニューは、白の鶏白湯そば840円、黒のにほんいち醤油そば840円の2種類。
R0012377.JPG
前回は「白 鶏白湯そば」をいただいたので、今回は「黒 にほんいち醤油そば」をチョイス。大盛り無料ですが、お腹一杯になると午後眠くなるので普通盛りで自粛^^;

R0012393.JPG
店内のところどころにやはり前回無かった小麦粉、日本製粉の「焔神」が置かれていました。

メーカのHPによると、
『茹で伸びの遅い中華めんに仕上がり、美味しさが最後まで続きます。ソフトな口当たりで弾力のある食感が特長です。』
だそうです。

そして待つことしばし、「「黒 にほんいち醤油そば」完成でーす♪
R0012395.JPG

R0012401.JPG
サイドに勇壮な龍が鮮やかに浮き出た、青磁の丼で登場。

ってか、今回初めて気づいたのですが、こちらでは、デザイン・色・柄等が異なるいろいろな丼を、各種取り揃えてありました。

一緒に同じメニューを注文しても、丼が異なる場合の方が多いという^^;

具は、部位の異なるチャーシューが2種類、味玉は1/2x2個、きざみネギ。
R0012404.JPG
メニューの説明書きによると「黒」は、
『かえしに使用した「にほんいち醤油」は独自の火入れで熟成させた生醤油のうまさが香る中華そばです。
出汁は最高級北海道真折産昆布をはじめ、7種類の上質な干物を通常の2倍使用し魚出汁のみで仕上げています。
あっさりとした中に旨みの凝縮された味をお楽しみください。』
との事。

R0012422.JPG
スープは、ナチュラルでキレのある旨みが迸る淡麗な清湯醤油味。

動物性不使用とは思えないほどの分厚い出汁感。

油分も少なく和風仕立てなのに、不足感は全く無くバッチリラーメンとして成立。

ってか、理屈抜きに絶品の旨さ、なんとも言えず美味しい!



R0012413.JPG
自家製の麺は、ストレート中細タイプ。

確かに最後まで延びを感じさせず、細麺なのにコシもしっかり。

風味もよく美味しい麺で、スープとの相性もバッチリでした!

R0012425.JPG
あ〜!旨かった〜!と満足の嘆息と共に完食汁完。

丼をカウンター上に上げたら店主さんから、
「ご丁寧にどうもありがとうございます。それにスープを全部飲んでいただいて、穏当にありがとうございます。」と丁寧なお礼が。

いえいえお礼を言いたのはこちらです!

本当に美味しい一杯をありがとうございました!

会計してお礼を店外へ。

ボード裏にも「感謝」の文字が。

本当に美味しいし、リピートしたくなる良店ですね!

ごちそうさま!

麺巧 潮 (426/'12)