2013年11月9日、「天然鰤かます煮干しらーめん創房 魁花」へ。
R0018525
2013年10月15日オープン。らーめん 蔵一@練馬高野台の系列店。鏡花がプロデュースしているという噂もあり、オープン直後から評判が良くてずっと気になってました。しかし、どの駅からも遠くてなかなか訪れる機会が無く、今回ようやく念願の訪問!

R0018522 店の場所は、ひばりヶ丘駅から2.8km、保谷駅から2.7km。

ジョナサンの隣。歩くには距離がありますが、駐車場があります。

駐車場は、店の横に第一駐車場が3台分(自転車置場併設)、 第二駐車場がジョナサン裏手に5台分用意。

R0018534

徒歩の場合、ひばりヶ丘⇔朝霞台、ひばりヶ丘⇔志木の西武バスの路線が使えます。

バスの場合、ひばりヶ丘方面から乗車すると「道場」が、朝霞台・志木方面からだと「片山小学校」が最寄りの停留所になります。 

R0018533 店の特徴は、自家製麺で無化調、スープに「かますの煮干し」という珍しい食材を使ってていること。


入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、魁花らーめん(醤油・塩)750円、つけ麺 800円、昔ながらの中華そば(醤油・塩)580円、魁花めし300円、魁花餃子(5ヶ入り)250円、他。「魁花めし」は、ご飯の上に生卵・チャーシュー・メンマ・ネギがトッピングされた丼ものとか。
R0018471 
オーダーは、ディフォの「魁花らーめん 醤油」にしました。

R0018474 水にもこだわっているとの事で、券売機横には店で使用しているとう「自然回帰水」のペットボトルが売られていました。

R0018516 店内は、厨房を囲むL字型カウンター9席、2人卓x4。

17:10頃入店で、先客9、後客2。

スタッフは、厨房に男性4、オール担当女性1。

R0018486

閑散時間の空いてるカウンターで、間を開けて座った先客の隙間に誘導するのは、感じの悪い接客(・_・)

ただし席間は広めなので、全然気になりませんでしたが。


R0018483 券売機裏カウンター後ろの小部屋は、製麺室。

R0018477 BGMはポップス。

箸は洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、餃子のタレ、ラー油?、ミックスペッパー。

席の手元まで給水器のノズルが配管されていて、セルフで「自然回帰水」を給水可能ですw

そして待つことしばし、「魁花らーめん 醤油」完成でーす♪
R0018489

R0018495店名ロゴ入りの白い霧立丼で登場。

タレの後が残念^^;

具は、海苔、ほうれん草、チャーシュー、メンマ、きざみネギ。
R0018498

R0018510スープはさらさらの清湯醤油味。

淡麗なあっさり味を想像していましたが、実際はカマスのダシがズドーンと来る超弩級なかますスープ。

まるで、口中でかますが飛び跳ねてるよう!

通常の鰯煮干しとは風味も味もまったく異なりますが、ドストライクな味でメチャ好み!

こりゃ美味しい! 

R0018509自家製の麺は中細ストレート。

麺肌ツルツルでしなやかさ抜群、風味啜り心地とも良好で、麺自体美味しい!

絶品かますスープが絡んで、箸が止まりません!


期待値を超える美味しさで満足の完食汁完!行きづらいロケーションですが、是非また来たいです!ごちそうさま!

天然かます煮干しらーめん創房 魁花 (394/’13)