2013年10月12日、武蔵小山の新店「麺や 一途」へ。
R0016453

2013年10月10日オープン。この後、もう一軒新店に立ち寄って、それから本日オープンのじゃぐら@野方へ向かうという、この日3軒廻った一軒目(^^;

R001643611:30開店の15分前に到着、一番海苔~w

店頭懸垂幕には、屋号に込めた想いが綴られています。

『いままで
歩んできた途
これから歩む途
人生は一度きり
気持ちいいをたくさん感じて
生きていきたい』

ちなみに店名は、店主さんの名前からのネーミングだそうです。

R0016430 オープン初日は大量の開店祝い花がずらーりと飾られていたみたいですが、訪問時はほとんどかたずけられていました。

花の送り主を示す木札は、マキシム・ド・パリ、パレスホテル、ル レストラン ドゥ トーマ等有名一流フレンチレストラン多数から。

R0016433 店主さんはフレンチ出身だそうな。

和食・フレンチ・イタリアンなど異業種からラーメン業界への転身は枚挙にいとまがありませんが、これほどビッグネームからの出身者は珍しいかも!

R0016427季節外れの暑さに道路の反対側の木陰で涼んで開店を待っていると、定刻7分前にフライングオープン^^;

慌てて店頭へ。

入口はいると、フレンチ時代の凛々しいフォトが飾られています。

写真中央が店主さん。 

R0016382店内は、厨房を囲むL字型カウンター11席、座敷1室あり。

後客続々、開店10分後には満席となり外待ちも発生!(驚)

スタッフは全員男性で5名。

BGMは永ちゃんかな?


券売機は無く、伝票方式後会計性。
R0016367 メニューブック最初ページには、スープの説明。
『長年慣れ親しんだフランス料理で使用するフォン・ド・ヴォーを取り入れ、新しい味を造りだせないかと、試行錯誤の結果、生まれたスープです。仔牛の骨・鶏をベースに、小海野菜や昆布だしを加えた「麺や一途」オリジナルスープです。更なる美味しさを求めて、日々進化し続けることを誓います!』

フォン・ド・ヴォーはフレンチのベースで、「フォン」はダシ、「ヴォー」は仔牛、なので仔牛のスープですね。

麺メニューは、麺卓 たく700円(醤油味)、麺途 みち800円(ホテルカレーのラーメン)、麺利 とし800円(ホテルカレーにクリームを加えたマイルドなクリーミーカレーラーメン)。
R0016370 

一品料理も凝っていて、しょう(骨付き鳥もも肉)400円、ちゃー(豚肩ロース肉)300円、みー(鶏むね肉)300円、べじー(蒸し野菜)200円、ねぎー(葱盛り合わせ)100円。
R0016373

R0016376夜は、座敷で3000円からのコース料理(要予約)が提供されるそうです。

オーダーは、カレーラーメンの「麺途」と激しく迷って、やはりディフォの「麺卓」にしました。 

麺注文時サービスライスの要否を確認されます。

次の予定もあったので、ライスは辞退しました^^;

R0016385箸は洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は無し。

R0016388壺の中身は、箸休め用のキャベツの酢漬け。 

コールスロー的な一品。

そして待つことしばし、「麺卓 たく」完成でーす♪
R0016396

R0016400修行先はフレンチですが、丼は和の佇まいのある端正な器。

スープはフォン・ド・ヴォーベースで、和とフレンチの融合が展開されます。 

具は、笹切りネギ、スライス玉ねぎ、小松菜、鶏チャーシュー。
R0016406

R0016417スープは香りからしてはっきりそれと分かるフォン・ド・ヴォーベース。

コク深く身体に染み渡る旨みがあり、なんとも滋味深い味わい。

確かに洋風テイストですが、和出汁と醤油ダレの作用で、紛れも無くラーメンのスープとして成立しています。

フレンチの奥義が感じられて、実に美味しい!

 

R0016412麺は、わずかに縮れのある中細タイプ。

低下水でサクサクの食感が心地良いいです。

高貴な味わいのスープとも良く合っています。

R0016421具で素晴らしいのは鶏胸肉を使った鶏チャシュー。

軽く火入してあり、しっとりと柔らかく、これほど素晴らしい鶏チャーシューは、やまぐち@高田馬場以来かと。 

フレンチの技法を凝らした一杯は、最初に思わず「C'estbon(セボン:美味しい)!」と、そして食後に「tres bien(トレビアン:素晴らしい)!」と言いそうになりました(^o^;) ホテルカレーラーメンの「麺途 みち」も大変気になります。ごちそうさま!

麺や 一途 (361/’13)