2013年10月10日、本日オープンの新店「長尾中華そば 東京池袋店」へ。
R0016229
神の舌を持つ男石神秀幸氏がセレクトした店が7ヶ月で交代する「石神秀幸 厳選 極み麺selection」第二弾が、この日スタート。2014年5月8日までの期間限定出店。

やはり同日オープンのみそ味専門マタドール@北千住の前に訪問。顔バレ店を記事先出ししてった為、アップがちょい遅れちゃいました(^^ゞ

R0016223 店の場所は、池袋東口からすぐの「楽園タウン」1F。

2013年3月1日オープンの麺屋 白神との入れ替えで出店。


R0016160長尾中華そばといえば津軽煮干し中華そばの雄。

以前松屋浅草の催事で食べて衝撃を受け、その味が忘れられずに、熊谷の催事まで食べに行った事もありました(^^ゞ

その後、赤坂のイベント東京ラーメンショーでアレンジバージョンを食べましたが、オリジナルが食べたくて、いつかは青森遠征しようと夢見ていました^^;

そのお店が東京に出店とは、感謝感激雨あられなのでしたヽ(^o^)丿

18:40頃到着、店内満席外待ち8名。

列んでると、某有名店店主さんが食べ終えて出てきたり、後にも若手イケメン店主さんが来たりとか、お祝いムード満点!

順番が来たら、中の券売機で食券購入。
R0016163

R0016172主なメニューは、
中華そば こく煮干し800円、中華そば あっさり700円、ライス(にぼめし)100円、納豆50円、ねぶた漬け150円、裏メニュー(限定)850円、限定ラーメン850円(訪問時x表示)、お土産ラーメン1000円、
他。

「裏メニュー(限定)」は「ごくにぼ」に違いないとポチリw

購入したから確認したら、
「本店のごくにぼとは違います。
こくにぼより濃くて、ごくにぼより少しあっさりとした、池袋店オリジナルです」
だそうです!

なるほど~!(^^)

R0016185 店内はカウンター9席。

スタッフは3名。

店主さんは、いらっしゃらなかったような。

BGMはラジオ放送。

R0016169 店頭ポスターと卓上メニュー立てには「煮干しラーメンを美味しく食べる極意」。

劇画調に解説されていますw

R0016178卓上調味料は、GABANのブラックペッパー、ホワイトペッパー、タレ、一味唐辛子。

〆の飯割り用に穴あきレンゲも装備。

R0016181厨房には三河屋製麺の麺箱。

本店の青森煮干し中華そばの特徴的な 麺を、三河屋製麺が忠実に再現したとか。

R0016221店内奥には、産地の異なる4種類の煮干しがディスプレイされています。

そして待つことしばし、「裏メニュー(限定)」完成でーす♪
R0016191

R0016203銀の受け皿にレンゲとともに載って登場。

具は、きざみネギ、メンマ、チャーシュー。
R0016196

R0016214スープは強烈な煮干しフレーバーで、ニボパワーMAX。

ここまでやるかってくらいニボニボで、敢えて酸味まで出してる仕様。

確かに「ごくニボ」よりはおとなし目なチューンかもですが、それでも煮干しエキス十分過ぎw


都内でも濃厚煮干し専門店が増えてますが、やはり長尾中華そばは頭一つ抜きん出てる感じ。 マジヤバで美味しい!

R0016207麺は、三河屋製麺製のわずかにウェーブのある中太タイプ。

無かんすいだそうですが、うどんっぽさは無くしっかり中華麺してます。

ド濃厚煮干しスープが絡んで、美味しい!

R0016217あまりにツボにはまる旨さで、次の予定もありましたが、思わず汁完w

無地の真っ白な丼かと思ったら、丼の底には長尾中華そばのロゴが刻印されていました。

期間限定店とはつくづくもったいない!終了後は、どこか都内に出店しないかな?(^_^;)ごちそうさま!

長尾中華そば 東京池袋店 (358/’13)