2013年10月8日、本郷三丁目の新店「らーめん 本郷」へ。
R0016091
2013年9月頃オープン。1度フラレて今回リベンジ。

R0016148

場所は、7月末で閉店したあの名店「田村屋」の跡地。

素晴らしい店の後釜にどんな店が入ったのか気になり10/4夜に訪問。

しかし、事実上の貸切り営業でその日は諦めました(´・ω・`)

 
R0016101 店頭には掲示物いっぱい。

店内にも随所に貼ってあるチラシが、
『「けっこう旨い。」らーめん本郷』。

一瞬「夜限定 絶品チャーハン」のことかと思いましたが、さにあらず。

「けっこう旨い。」は、「らーめん本郷」のキャッチコピーでした(~_~;)

ギャグとしか思えませんがw

入店すると、まず券売機で食券購入です。
R0016105

R0016109

主なメニュは、
らーめん650円、つけめん680円、味噌つけ麺880円、塩らーめん680円、味噌らーめん780円(近日発売)、
他。

上記価格は並盛り で、大盛りは100円増し。

オーダーは、券売機先頭左端の「らーめん(並)」にしました。

R0016145券売機横にもインフォいろいろ。

つけめん特盛りに限り、スープおかわり可。

人気 ランキング、昼は1位塩ラーメン、2位特製つけめん(大)、3位らーめん。

夜は、1位特製つけめん(大)、2位生ビール、3位塩ラーメン。

らーめん系は醤油より塩が人気なのねぅ(><)

R0016154店内は、まんま田村屋の居抜き。

懐かしくって、複雑な気持ちになります。

厨房を囲むL字型カウンター11席。

20:30頃入店で、先客2、後客4。

厨房とホールに男性スタッフ各1名。

一人は中国語訛りのある方。

BGMは、東京FM。

 

 

R0016106卓上メニュー裏には、各メニュー説明(薀蓄)。

つけめんは、濃厚な鶏骨スープ。

らーめんは、比内地鶏の丸ガラを炊き出したスープとか。



R0016112箸は割り箸。

卓上調味料は、酢、醤油、ラー油、GABANの七味唐辛子、ブラックペッパー。 

R0016115ネギはトッピングし放題で、カウンター上に置かれています。

昼は不明ですが夜は喫煙可なので、蓋付きの容器にして欲しいかも(´・ω・`)

そして待つことしばし、「らーめん」完成でーす♪
R0016118

R0016130 側面が少しいびつな和食器ライクな丼で登場。

具は、海苔、ほうれん草、きざみ白ネギ・青ネギ。チャーシュー。ネギは、卓上無料トッピングのネギを追加しなくても、少し入ってきます。
R0016127
チャーシューは提供直前にバーナーで炙りが入れられて、焼き目が付いています。

R0016139スープは、さらさらの清湯醤油味。

やや甘めの醤油だれが先行しますが澄んだ鶏出汁が後からじんわり、最後に微かに魚介の順に沁みてきます。

化調感も皆無で、比内地鶏かどうかは分かりませんが、悪くはないです。

ってか、意外な事に、悔しいですが、キャッチフレーズの「けっこう旨い。」は、あながちウソというわけでもありません^^;

R0016133麺は、あまり特徴の無い中細やや縮れのあるタイプ。

麺自体は個性が希薄ですが、固ゆで過ぎな点が惜しいところ。

好みかも知れませんが、きっちりゆで上げたほうがもっと麺の美味しさが出そうです。
 

「醤油」も割りとイケたので、一番人気らしい「塩」も少し気になりました。にしても、田村屋は別格でしたね(^_^;) ごちそうさま!

らーめん 本郷 (357/’13)

東京都文京区本郷3-15-2