2013年8月10日、久喜・幸手の新店「宗谷岬 間宮堂 関東総本店」へ。
R0011862.JPG

2013年8月6日オープン。日本最北端の地、北海道稚内の宗谷岬にあるラーメン店「宗谷岬間宮堂」の関東初進出店。オープン前から気になっていて、オープン後最初の休日に訪問しました!

R0011847.JPG店頭立て看板には、開店の「ごあいさつ」が記されています。

『ご縁があり、
ここ埼玉県久喜市に
”宗谷岬間宮堂 関東総本店”
を開店させて頂きました。

「日本最北端」より
厳選した食材で美味しいメニューの提供が出来るよう
スタッフ一同努力してまります。』

R0011846.JPG
店の場所は、久喜駅から約2.6km、幸手駅から約2.1km。

どちらの駅からも遠いので、車でのアプローチがベター。

駐車場は、店頭に2台、少し離れた所に3台分用意あり。

R0011850.JPG
地理的に行きづらいですが、営業時間もやや短めで、意外とハードル高し^^;

R0011784.JPG入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、
元祖帆立ラーメン(塩)780円、元祖帆立ラーメン(醤油)780円、元祖帆立カレーライス600円、帆立半カレー丼300円、焼餃子300円、ラーメン(塩/醤油)餃子セット980円、
他。

ラーメン・カレーにはもちろん、焼き餃子にもきざみ帆立が入っているそうです。

オーダーは、「元祖帆立ラーメン(塩)」に。

あと、ワタシ的には珍しくサイドメニュー、「帆立半カレー丼」を。

R0011790.JPG木目を基調とした落ち着いたインテリアの店内は、厨房を囲むL字型カウンター9席。

ですが、厨房とカウンターの間の仕切りが高く、調理過程はほとんど見えません。

席は他に、4人卓x3。

18:30頃入店で、先客2、後客8。

スタッフは、厨房にどうやら女性2男性1、ホール担当男性1。

R0011789.JPG
BGMは、ピアノ系モダンジャズ。

箸は洗い箸で、エコ対応。

卓上調味料は、コショウ、ラー油、醤油、酢。

R0011835.JPG
カウンターの端っこにあった開店祝花に、屋号入りプチTシャツ付き!w

そして待つことしばし、「元祖帆立ラーメン(塩)」完成でーす♪
R0011793.JPG

R0011799.JPGレンゲと共にトレーに載せられて登場。

具は、ナルト、きざみネギ、メンマ、帆立、麩。
R0011802.JPG
大きめの丼に熱々のスープがたっぷりなみなみと!スープが多過ぎて具が水没気味ですが、少な過ぎるよりはいいかも。

R0011823.JPGスープはさらさらの清湯塩味。

半透明で、表面にキラキラと香味油が黄金色に輝いています。

味は、さっぱりあっさりですが、はっきり分かる程にホタテの出汁が出ています。

ホタテの旨みたっぷりで、シンプルなのに奥深く味わい深いテイスト。

いやあ〜、これは美味しいなあ!

R0011817.JPG麺は、細縮れタイプ。

優しい塩味スープに、柔らかい縮れ麺が絶妙にマッチ。

R0011829.JPGホタテはかなり小ぶり^^;

しかも、出汁がスープに出ちゃってる感じでした。

にしても、帆立の味は当然残ってるし、スープと一緒に味わうと美味しいです。

予想外に良かったのは、麩。

スープをたっぷりと吸ってとろけるような食感、旨し!

一時期ラー博に出店していたマメさんにも麩が載ってましたが、北海道の古風な塩ラーメンには麸が多いのかな!?

そしてこちらが、「帆立半カレー丼」。
R0011805.JPG

R0011832.JPG「元祖帆立カレーライス」のハーフサイズ版。

たっぷりのホタテと野菜や果物を一週間煮込んだとか。

細切れの帆立貝柱が入っていて、プニュとした食感が楽しいです。

辛さやスパイシーさはほとんど無く、辛いのが苦手な方でもOKそう。

ホタテの風味一杯のカレーで、意外性もあり美味しい!

あっさり塩ラーメンとカレーを交互に食べると、真逆の味ながら不思議と相互に引き立て合います。 なんかインディアン@鎌田を思い出しましたw

帆立塩ラーメンも帆立カレーも美味しく完食!次回は帆立入り餃子を食べてみたいです。ごちそうさま!

宗谷岬 間宮堂 関東総本店 (291/'13)