2011年11月22日、新日本橋の新店「ビーハイブ ゲンキノモト」にやって来ました。
RIMG0316.JPG
2011年11月21日よりプレオープン。九十九里に本店六本木に支店のある塩ラーメンの名店のセカンドブランド。

プレオープン初日に訪問するも、材料切れで正に店を閉めているところに到着。斎藤店主やスタッフの方とちょっとだけ話が出来ましたが、結局未食。

明けて今日は阿佐ヶ谷でビッグイベントがありますが、遅い時間の打合せがあり行けず(><) そこで移動途中にこちらへ立ち寄り、昨日のリベンジ(笑)

RIMG0321.JPG
最寄り駅はJR新日本橋ですが、JR神田駅東口からも約500m程と至近距離。

小伝馬町や三越前からも、徒歩圏内。

店の入り口上正面には、まだ看板が付いていません(笑)

入口前には、A型看板。

『ビーハイブ ゲンキノモト

千葉県九十九里&六本木店

BeeHiveのセカンドブランド!!

2011年東関東塩ラーメンラーメン部門1位の名店がついに中華そばの店をOPENです!』

九十九里の本店と六本木店は絶品の塩が名物ですが、こちらは白河風中華そばを提供。


RIMG0323.JPG
『麺 ビーハイブ 酒
ゲンキノモト

いらっしゃいませ!

看板は、まだ出来ていませんが・・・


小麦粉も石臼で挽いたり・・

手打ちで麺を打ったり・・

無化調で作ってみたり・・

素材にこだわってみたり・・

手打ち中華そば ¥750

元気にプレオープン中!』

RIMG0357.JPG
暖簾は、黒に白抜き「BeeHive」の文字。

そして、クジラのマーク。


RIMG0334.JPG
店内は、厨房前にストレートカウンター5席。

カウンターと反対側の壁にくっつけた長テーブルを使って、凹字型カウンターに見立てた6席。

19:10頃到着で、先客1、後客3。

先客の方、どっかでお会いした方と思ったら、春みかんさん。ど〜も、こんにちは!(笑)

厨房には店長さん、一人で店を切り盛り。 斎藤店主さんは、本日六本木店担当とのこと。

「ゲンキノモト」って、一風堂の「力の源カンパニー」を連想したので、店長さんに関連を質問したところ、「どうでしょう?わかりません」とのこと^^; そう言えば最近の一風堂関連(?)はハカタノチカラとかソラノイロとかカタカタ系?ですもんね(笑)

RIMG0327.JPG
券売機は(まだ)無く、後会計制。

現在プレオープン中につき、メニューは「手打ち中華そば」750円一品のみとのこと。

ビールなどのアルコールもまだ無し、残念〜!(^_^;)

RIMG0332.JPG
BGMは、ポップなインストゥルメンタル。

卓上調味料は無しで、テーブルの上スッキリw

席に調味料がない店は、久々。

RIMG0328.JPG
麺は自家製で、この店で打っていっるそうです。

店内にパスタマシンがあって、そのパスタマシンで麺を切り出しているとのこと。

凄い手間がかかってますね〜!(驚)

そして待つことしばし、「手打ち中華そば」完成でーす♪
RIMG0337.JPG

RIMG0342.JPG
有田焼かな?

いかにも高級そうな器で登場。

RIMG0345.JPG
具は海苔、ナルト、メンマ、ほうれん草、チャーシュー、きざみネギ。

RIMG0352.JPG
チャーシューは、低温調理かな?

ほんのりピンクレアな感じで、スープの熱で徐々に色が変わっていきます。

そして、チャーシューの燻製香が実に香ばしく、まさに絶品の味わい。

スモーキーなチャーシューの旨さは、白河の名店とら食堂や松戸分店に迫る完成度!

具はチャーシュー以外にも一切手抜き無しで、特に海苔の風味が最高! 多分、今年食べたラーメントッピ海苔部門(?)で、最高級な海苔にかも!w

RIMG0348.JPG
スープは、無化調で鶏ベースのあっさりとした清湯醤油味。

鶏の旨味が十分に溶け出した滋味味わい深いスープに、表面にキラキラ光る鶏油がコクをプラス。

カエシもスッキリとした適度な甘さがあり、スープ全体に何とも言えない後引く旨味があります。

ってか、理屈なしにこれ美味しい!

RIMG0354.JPG 麺は、石臼で挽いた小麦粉を手打ちしてパスタマシンで切り出した、小麦粉からの完全自家製麺。

量は、170gとやや多目。

強い縮れがあり、スープの持ち上げが最高によく、口中で弾けるような楽しい食感が味わえます。

ただ、今回はやや固めな印象。

あと少し軟めにゆで上げた方が、この麺の美味しさをもっと引き出せる気がしました。

正式オープンは11月25日以降(詳細な日付は未定)で、「煮干し中華そば」とかメニューを増やす予定だそうです。他のメニューも楽しみ!ごちそうさま!

ビーハイブ ゲンキノモト (388/'11)