2011年11月18日、「ラーメン むろや」にやって来ました。
RIMG0077.JPG
前回訪問から約1年半ぶり位でしょうか!?ずいぶんご無沙汰してしまいました。今回は、本日から始まった限定狙い。

今度の限定は、ブラックめん750円、デスブラックめん800円、つけ麺各50円増し。「ブラックめん」は、むろやの富山ブラックインスパイアな一杯。「デスブラックめん」は、「ブラックめん」の激辛バージョン。

限定実施期間は、11/22までは確実に提供。11/23(水・祝)は別な限定を提供するかもで、詳細は検討中。11/24以降の提供は未定。

昨年ほぼ同時期にも販売されたようですが、食べ逃してしまいました。今年は、初日に確実にゲット(笑)
RIMG0046.JPG
オーダーは、「デスブラックめん」にしました。

19:30頃入店で、先客1、後客3。厨房には店主渕上さん、ど〜も、お久しぶりです!(^^♪ BGMは、ABBAヒットパレード。

渕上さん、調理の手を休めることなくいろいろな話をしていただきました。ほおー、なるほど!ってか、あんなコトやこんなコト、ここに書けないっす(^_^;)

そして待つことしばし、「デスブラックめん」完成でーす♪
RIMG0048.JPG

RIMG0051.JPG
むろやのいつものまあるい「玉丼」型の器で登場。

RIMG0056.JPG
具は水菜、大きめカットの玉ネギ、豚薄切り肉、穂先メンマ。

豚肉と玉ねぎは甘辛に煮られていて、そのままごはんに載せると美味しい豚丼になりそう。

RIMG0065.JPG
スープは、一見真っ黒でいかにも濃そう。

ややとろみがあり、見るからにいろいろな具材が溶け込んでる感がありあり。

その味わいは、むろやならではの和を感じさせる深〜いコクと滋味。

富山ブラックのような塩分過多で過激なショッパさは感じられず、ビターながら旨味たっぷり。これは、美味しい!


「激辛黒いラーメン」という辛さの元は、青唐辛子・赤唐辛子・デスソース等。 デスソースを使っているから、「デスブラック」^^;  確かに辛目ですがですが、味の調和を壊さない範囲。 ブラックな辛旨です!

RIMG0062.JPG
麺は、浅草開化楼製の強い縮れのある太麺。

多分、むろやのレギュラーの麺とは異なる、限定専用麺かと。

この麺が濃厚スープと良〜く絡んで、抜群の美味しさ!


そして、渕上さんから「ちょっと味見してみて下さい」と提供されたスープ。先日まで限定で提供されていた「茸出汁らーめん」のスープ。
RIMG0070.JPG
具材は売り切れてラーメンとしては作れないけど、スープがまだ少量残っているとのこと。「茸出汁らーめん」はタイミングが合わず未食だっただけに嬉しい申し出!

RIMG0073.JPG
このスープが、パない芳醇な松茸アロマの奔流!

そして分厚い存在感のある、きのこ出汁の旨味の洪水!

何とももの凄い美味しさで、久々にスープだけで感動しました!

フルに一杯食べれなかったのが悔やまれる美味しさ、次回の「茸出汁らーめん」の際は、万難を排して食べに来ます!(^_^;)

渕上さんとひとしきり話をして退店。

電車の中で、あれ!?もしやと気づいて調べてみたら、明日11/19はむろやの創業記念日でした!むろやさん、2003年11月19日オープンで、8周年ですね。おめでとうございまーす!ってか、直接言えなかったのが残念^^;

10年目に向かって、ますます頑張って下さい!また、来ます。ごちそうさま!

ラーメン むろや (382/'11)