2011年11月17日、中野の新店「麺匠 ようすけ」にやって来ました。
RIMG0037.JPG
2011年11月15日オープン。

尾瀬さんのツイートで開店を知った店。1日でどっかに情報が載ると思ってたら、開店2日目でもまったくどこにも掲載されず。場所を本人に聞いちゃいました^^; ってか、今日17日午前にはぐぐってもヒットゼロでしたが、夕方に食べログに載りましたね(^_^;)

RIMG0001.JPG
場所は、青葉 中野本店の少し先右手。閉店したむつみ屋 中野店の跡地。

店頭A型看板には、
『コラーゲンたっぷり!! 麺匠 ようすけ』
の手書き文字。

営業時間は、昼11:00〜15:00 夜18:00〜

帰り際に店主さんに、夜の部閉店時間を確認したところ、
「スープ切れ次第終了で、まだオープン3日目ですが、これまでのところだいたい22:00頃目安」
だそうです。

RIMG0040.JPG
店頭には、開店祝花。

贈り主は、笑福亭鶴光。

オールナイトニッポン懐かしすw

入店すると、まず券売機で食券購入です。
RIMG0006.JPG
メニューは、濃厚鶏白湯らーめん730円、濃厚つけ麺780円、トッピング各種。特製(味玉・のり3枚・チャーシュー2枚)200円増し。麺量は、らーめん150g、つけめん230g。

オーダーは、券売機先頭左端の「濃厚鶏白湯らーめん」にしました。

RIMG0009.JPG 店内は、L字型カウンター7席。

むつみ屋の頃は9席取っていたところ、席間をゆったりと取って7席に変更。

19:30頃入店で、先客3、後客1。

厨房には、店主さん一人で店を切り盛り。

箸は洗い箸で、エコ対応。

卓上調味料は、うさぎ型ミル入りロックソルトとブラックペッパー。

RIMG0004.JPG
入口とカウンターには、店主さんからの挨拶が掲示。

『はじめまして
「麺匠ようすけ」の店主、原と申します。

私はこれまで約20年間、新宿や中目黒など幾つかの有名ラーメン店で修行をした結果、ほんとうに旨い、健康な濃厚鶏白湯スープの「ラーメン・つけ麺」を創りたい一心で、この中野の地で、独立・開店させていただきました。

まだまだ未完成な部分もあるかも知れませんが、これより毎日工夫を重ね、本当に「旨くて」「体に良い」ラーメン・つけ麺を追求し続けて参ります。

中野の皆様、これからもよろしくお願い申し上げます。

麺匠ようすけ店主 原庸介』

店主さんとても勉強熱心で、食後、手が空いた時に、いろいろ感想を聞かれました。「ブログもよろしくお願いします」だそうです(爆)

RIMG0013.JPG
BGMは、スクリーンミュージックっぽいインストゥルメンタル。

カウンター後ろの壁面には、相田みつおっぽい人生訓が掲示。

カウンター上にも、素敵なメッセージカード付きのお祝いの花。

「元気が出て金運がつく黄色の花」って、風水ですね。

風水の教えでは、黄色は西に配置することで金運アップ。

ってことで、入口近くにカウンター上に飾ってありました。

RIMG0035.JPG
厨房と、通路端には社名のない麺箱。

製麺所を確認したとろこ、「宝」という会社だそうです。

そして待つことしばし、「濃厚鶏白湯らーめん」完成でーす♪
RIMG0017.JPG

RIMG0019.JPG
和の趣のある「反丼」型の器で登場。

RIMG0024.JPG
具は、糸唐辛子、メンマ、きざみ青ネギ、みじん切り玉ネギ、チャーシュー。

玉ねぎは柔らか目に湯がいてあって、時間が経つにつれスープの味が沁みて美味。

チャーシューは、3枚肉を細長くスライスしたもので、とにかくデカっ!

提供直前にバーナーで炙って、焦げ目を付けています。


チェーシューの味付は、下味があまり付いていなくて薄味。 切り置きかな?正直提供時普通サイズにカットした方が食べ易く美味しいかも。

RIMG0030.JPG スープは、とろーりとクリーミーな鶏白湯。

「濃厚・コラーゲンたっぷり」と言う看板に偽り無し、鶏ポタと言いたい位の高濃度。

その味わいは、鶏の旨みがギューっと詰まっていてかなり美味。

ただ、旨味も雑味も一緒に炊き上げた感があって、やや荒削りな部分も。

また、鶏成分が濃ゆいですが、もう一塩あった方が味がまとまる気もします。

RIMG0028.JPG
麺は、断面が四角くてほぼストレートに近い中細タイプ。

あまり印象残らないタイプですが、個性的なスープにはマッチしていると思います。

美味しく完食。
これからまだまだ進化しそうな、大きな伸び代が感じられた一杯でした。「濃厚鶏白湯つけ麺」も食べてみたいです。ごちそうさま!

麺匠 ようすけ (381/'11)