2011年11月15日、小川町の「つけ麺専門店 あかむぎ」にやって来ました。
RIMG0786.JPG
2011年8月22日オープン。場所は小川町の路地裏で、閉店したトンプー菜麺の跡地。

この日は(この日もw)近隣の比較的新しい某店を狙うも何故か臨休。次に、未食で以前から気になっていたこちらへ移動。

RIMG0778.JPG
元々昼( 11:00-15:00)に、「つけ麺専門店 あかむぎ」として営業。

夜(17:00-22:00)は、生やさいと炭火焼きの店「やさい屋 あかむぎ」でした。

夜営業で麺の提供が無いと思い込んでいて、訪問出来ずにいました。

それが、夜でもつけ麺が出来るらしいとの事で、来てみることに。

オープン当初は製麺所の麺だったようですが、10月14日から自家製麺を投入した模様です。

RIMG0790.JPG
店内は、L字型カウンター6席。

2人卓x1。

20:00頃到着で、先客後客0。

厨房には店主さん、一人で店を切り盛り。

箸は割箸。

卓上調味料は、一味と酢。

BGMは、洋楽。


RIMG0788.JPG
券売機は無く、後会計制。

メニューは、
海老香るつけ麺750円、炙り野菜と鶏つけ麺800円、海老と胡麻の唐辛子つけ麺850円、炙りとろとろ焼豚のつけ麺1050円、
他にはトッピング各種。

麺量は、並300g、大450g(+50円)、特600g(+100円)。

オーダーは、メニュー先頭の「海老香るつけ麺」にしました。

RIMG0792.JPG
ってか、生やさいと炭火焼きの店「やさい屋 あかむぎ」らしきメニューはどこにも見当たらず。

夜でも完全に、つけ麺専門店な営業ですね(^_^;)

壁面掲示、あつもり 割スープ 玉ネギ増量お申し出下さいとのこと。

また、麺少なめ(200g)もあるそうです。

そして待つことしばし、「海老香るつけ麺」完成でーす♪
RIMG0794.JPG

RIMG0798.JPG
つけ汁はとろりと粘性の高い、典型的な豚骨魚介。

表面に唐辛子粉のような、赤い粉末がかけられています。

が、特に辛くは無いです。

RIMG0802.JPG
自家製という麺は、断面が四角いストレート極太タイプ。

ゆで時間もかなり長めで、注文から提供までに、麺ゆでと他の作業も含めて、15分くらいかかりました。

で、長めのゆで時間ながら、やや芯を残したようなアルデンテなゆで加減。

ゴワゴワした食感で、インパクトはあります。

が、もう少し柔らか目にゆで上げた方が、もっと麺の美味しさが活きて来る気がします。

RIMG0806.JPG
つけ汁は濃厚豚骨魚介そのものといった流行系の味わいで、特に目新しさは無し。

「海老香る」というネーミングですが、海老香はほんの微か。

言われないと分からないかも。

「海老香る」と言うからには、もう少し海老感が前面に出た方が良いかも。



RIMG0803.JPG
つけ汁に沈んでいる具は、角型のチャーシューと穂先メンマ、玉ねぎのみじん切り少々、チャーシュー端切れ少々。

穂先メンマはメチャ柔らかく、チャーシューもしっかりとした味わいで美味。

RIMG0809.JPG ごわつく麺はあまり啜れず、モグモグといただきます。

麺を食べ終えたらスープ割り。

壁面掲示によると、スープ割りは毎日味が変わるとか。

ネット情報によると、しじみ・ほたて・カレーがあるとのことです。

特に確認しませんでしたが、スープ割り後はどの味もせず、単につけ汁が薄くなった印象。

後でネットで確認したらレギュラーより50円プラスの「炙り野菜と鶏つけ麺」は、ノーマルタイプにカラフルな炙り野菜と鶏チャーシューが載っかるみたいでした。今回は、ディフォと異なる鶏ベースのつけ汁と思って回避してしまいましたが、「炙り野菜と鶏」の方がコスパ高く楽しめそうです。
ごちそうさま!

つけ麺専門店 あかむぎ (379/'11)