2011年11月5日、蒲生の新店「究極麺魂 える豚らーめん(えるとんらーめん)」にやって来ました。
RIMG0252.JPG
2011年11月1日オープン。場所は、蒲生東口の旧4号線沿い。

RIMG0281.JPG
店内は、厨房前に真っ直ぐなカウンター5席、6人卓x2、掘りごたつ式の6人卓x1がある小上がりといった席レイアウト。

19:20頃入店で、先客3、後客2。

スタッフは、一見強面(笑)ですが、実はとても丁寧・親切な接客の若い男性2名体制。

券売機は無く、後会計制。

RIMG0256.JPG 主なメニューは、
味噌らーめん700円、える豚味噌らーめん800円、スタミナにんにくらーめん750円、豚とんらーめん700円、つけめん(並盛)700円、
他。

「味噌らーめん」はさらりとしたスープであっさり目、「える豚味噌らーめん」は、濃厚タイプ、「スタミナにんにくらーめん」はニンニクが効いたらーめん、「豚とんらーめん」は豚骨ラーメンだそうです。

聞いたら、とても丁寧に教えていただきました。

オーダーは、店名を冠した「える豚(えるとん)味噌らーめん」にしました。

RIMG0258.JPG
夜は麺も食べれる居酒屋営業で、「飲み物めにゅー」が先頭に配置。

RIMG0257.JPG
「おつまみめにゅー」

「広島風ギョーザ」って、どんなんだろう!?

RIMG0282.JPG
BGMは、中島美嘉さん他のJ-Pop。

備え付けの箸は、割箸。

卓上調味料は、醤油・ラー油・酢の3点セット。

ランチタイムは不明ですが、夜は灰皿設置で店内喫煙自由状態。

そして待つことしばし、「える豚(えるとん)味噌らーめん」完成でーす♪
RIMG0262.JPG

RIMG0263.JPG
木の受け台に載って登場。

RIMG0268.JPG
具は、メンマ、肉味噌玉、きざみネギ、玉子、炒め野菜、チャーシュー。

調理は、中華鍋を振って野菜を炒め、スープを加えて炒め煮する札幌味噌方式。

炒め野菜は、モヤシが主。

玉子は半個で、味玉ではなく(多分)ゆで玉子。

RIMG0280.JPG
表面に胡麻がまぶされた肉味噌玉は、辛味入り。

スープに溶かすと、ピリ辛に味変、

する筈ですが、実際はほとんど辛くなくショッパさが増す感じ(笑)

ただ、ひき肉の旨味でコクが増して、より美味しくなります!

RIMG0277.JPG
チャーシューは、脂身が無い赤身タイプ。

赤身でもパサつくことなく、しっとり美味。

中華鍋を振る味噌ラーメンで、チャーシュがちゃんと入っているのは嬉しいですw

RIMG0274.JPG スープは、どろどろのドロリッチ系。

くるり級と言えば分かりやすいでしょうか!?

厨房で、次のスープの仕込みらしい作業をしていたのですが、背脂の塊をミキサーで、ガガーとしてました。

なので、ドロリの正体はクリーム状になった背脂。

しかし、味は意外とくどくなく、コクと旨味方面に作用。

ななかな、美味いです。

RIMG0273.JPG
麺は、濃厚スープに負けない太麺。

手揉みで付けたような緩い縮れあり。

しっかりとしたコシともちもち感があって、美味しい麺でした。

スープがくるりあるいは花田状態の味噌ラーメン、美味しかったです。つけ麺も気になります。ごちそうさま!

究極麺魂 える豚らーめん(えるとんらーめん) (366/'11)