2011年10月31日、駒込の新店「麺処 としき」にやって来ました。
RIMG0492.JPG
2011年10月22日オープン。場所は、駒込駅東口を出て右側、アザレア通り商店街。閉店した博多ラーメン リンダマン 駒込店の跡地。麺や あかつきに行く途中にあります。

RIMG0494.JPG 営業時間は11:00〜15:30、17:00〜スープ無くなり次第終了。

夜の部、何時頃までやっているのか不明(><)

以前誰かが、やはりこのような表記の店に、もし売切れなかったら、完売するまでず〜っと店を開けておくの!?って突っ込んだのを聞いたことがありますが。。。

閉店時間を明記しないのは、確かにあまり感心出来ないっす。

入店すると、まず券売機で食券購入です。
RIMG0497.JPG

RIMG0493.JPG
主なメニューは、
秘伝本格つけめん750円、秘伝本格辛つけめん850円、濃厚豚骨魚介中華そば800円、油そば750円、
他。

券売機のボタンは、つけめん>辛つけ>中華そば>油そばの順。

つけめんがウリのようですが、ラーメンな気分だったので、オーダーは「濃厚豚骨魚介中華そば」にしました。

RIMG0531.JPG
店内は、厨房を囲む凹字型カウンター15席。

19:40頃入店で、先客1、後客7(お一人様1、カップル3組)。

厨房には、お若い感じですが、店主さん?「としき」さんかな?

席数の多い広い店内を、たった一人で切り盛り。

BMは、邦楽。

RIMG0498.JPG
奥の壁際には、三河屋製麺の麺ケース。

山形産もがみねぎの箱と、京浜貿易のメンマの箱。

ちなみに、京浜貿易は業務用メンマの国内シェアNo1。

RIMG0500.JPG
箸は、洗い箸でエコ対応。

卓上調味料は、ミル入りブラック&ホワイトペッパーと七味唐辛子。

カウンターの一段高いところには、レンゲ、氷入り給水ポット。ステンレス製ポットは、つけ麺用割りスープかな?

そして待つことしばし、「濃厚豚骨魚介中華そば」完成でーす♪
RIMG0509.JPG

RIMG0510.JPG
いかにも高そうな陶器製丼で登場。

RIMG0514.JPG
具は、海苔、水菜、きざみ玉ネギ、メンマ、チャーシュー。

丼の底にはゆず皮が仕込まれていて、最後の方にゆずが香る仕掛け。

RIMG0522.JPG
スープは、ドロリと高粘度。

高い粘性の正体は、油脂。

かなり油ギッシュなインパクト系(笑)

そして、驚くほど大量の魚粉がスープに溶け込んでいます。

濃い目の豚骨スープにたっぷりの魚粉で、超濃厚ガッツリな豚骨魚介味の出来上がり^^;

多めに入った玉ねぎと、後半現れるゆず皮がさっぱり感を演出してくれますが、おじさんにはややクドイかな(笑)

RIMG0518.JPG
麺は、三河屋製麺の中太ほぼストレート。

三河屋製麺って、なんか細麺が美味しいイメージがあります。

が、今回の太めな麺は、濃厚スープにも負けずに存在感があって、なかなか美味しかったです。

麺と具は完食するも、かなり濃いスープで汁完はならず。「つけめん」の方は、「濃厚豚骨魚介」とは謳っていなくて「秘伝本格」ってなネーミング。「秘伝本格」もちょっと気になりますw ごちそうさま!

麺処 としき (359/'11)