2011年10月23日、京成高砂の新店「麺心 國もと」にやって来ました。
RIMG0134.JPG
2011年10月16日、京成高砂の北口から徒歩30秒の場所にオープン。(※追記 店主さんは麺屋 武蔵出身だそうです)
浜屋@五反田→らーめん食堂@入谷の後、連食3軒目!w

RIMG0100.JPG
入店すると、まず店頭の券売機で食券購入です。

主なメニューは、つけめん730円、らーめん680円。

つけめんは「こってり」、らーめんは「あっさり」の表示。

特製+200円、味玉付き+100円、ちゃしゅー増し+250円。

「特製」が券売機左端ボタンで、利益率の高い高額商品へ誘導するレイアウト(笑)

オーダーは、一件目で絶品のつけめんをいただいたので、こちらでは「らーめん」にしました。

RIMG0130.JPG 店は、奥に、というか横に長〜い作り。

店内ストレートカウンター12席。

14:00頃入店で、先客5、後客4。

カウンターの後ろは全面サッシのガラス扉という造り。

座席の後ろと扉の間に、通れるスペースはありません。

食券購入後、一旦店の外に出てビルの通路を通って着席するシステム。

厨房には男性スタッフ2名、ホールというか通路に接客担当男性スタッフ1名。 らーめんの場合、ゆで釜の湯気で丼を温めるという丁寧な作業。

RIMG0124.JPG カウンターと厨房を仕切るのは、台ではなく細い板。

食後に、器を台上に載せる手間のいらない造作。

卓上調味料は、胡椒、酢、七味(一味?)、壺の中身は辛味噌。

箸は洗い箸で、エコ対応。

カウンターには、『こってり(つけめん)は太麺を使用している為茹で時間に10分ほどお時間をいただいております』の表記。

RIMG0103.JPG
BGMは、洋楽ポップス。

厨房最奥には、カネジンのダンボール麺箱。

ってことで、麺はカネジンと推定w

そして待つことしばし、「らーめん」完成でーす♪
RIMG0110.JPG

RIMG0115.JPG
丼というより鉢に近い形状の、サイドに唐草模様のある器で提供。

RIMG0118.JPG
具は、海苔、きざみネギ、ナルト、焦がしネギ、メンマ、チャーシュー、柚子皮。

具だくさんで、盛り付けが綺麗。

ビジュアル良く、美味しそう。

焦がしネギが威力を発揮して、全体に香ばしい風味をプラス。

RIMG0127.JPG
スープはさらさらの清湯で、しっかりとダシの効いた豚骨醤油味。

券売機上は「あっさり」の表記ですが、油分が多く結構オイリーでどちらかと言うとこってりとした印象。

さらに焦がしネギが効果的に効いていて、オイリーさを加速(笑)

ただ、ダシもカエシもしっかりとしていて、油分が重たさやクドさにならず良い按配でバランシング。

後半現れる柚子皮が清涼感を醸して、飽きずにいただけます。

RIMG0122.JPG
麺は、中太縮れ麺。

コッテリとしたスープにも負けずに、麺とスープのマッチングもいい感じ。

もちもちとした食感で、なかなか美味しいです。

駅近で比較的規模の大きな店舗なので資本系かと思いますが、意外なほど美味しかったです。隣客が食べていたつけ麺も美味しそうでした。ごちそうさま!

麺心 國もと (349/'11)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック