2011年10月21日、新越谷の新店「塩専門 しおの風」にやって来ました。
RIMG0768.JPG
2011年10月15日、大型アミューズメント施設「南越谷 楽園タウン」内のフードストリート(フードコート)「楽食」内にオープン。10月23日までの期間限定サービスとして、ラーメン1杯500円で提供中です。

RIMG0757.JPG
「南越谷 楽園タウン」は、閉店した南越谷OPA跡地に出来た、大型アミューズメント施設。

RIMG0760.JPG
コア店舗としてB1と1Fに、パチンコ・スロットの楽園 南越谷店が出店。

2Fスポーツショップ、3Fインテリア関連といった構成。

1Fのフードストリート「楽食」は、2011年4月オープン。

今回そのフードストリートに、ラーメン店「しおの風」が新たに出店。

RIMG0770.JPG
「塩専門 しおの風」は、らーめん しおの風@竹ノ塚、北海豚骨麺屋 銀鈴@谷在家、四川担々麺荘 彩たまや@川口、中華麺ダイニング 鶴亀飯店@北千住、焙煎潮蕎麦処 金字塔@赤羽、しおの風inさいたま@南与野、満天食堂@蒲生に続く、鈴木店主の8番目or9番目?のお店。

「8番目or9番目?」というのは、こちらが「塩専門 しおの風」と「九州豚骨 うまか楼」で一つの店だからです。

1枚目画像にありますが、フードストリートの一つのブース(?)に2つの看板があるスタイル。

メニューも、塩ラーメンと豚骨ラーメンが同列に併記。

RIMG0762.JPG
10月23日まで、オープン記念のサービス価格実施中。

しおの風の特選塩らーめん880円
うまか楼の九州ネギチャーシューとんこつラーメン950円

これがそれぞれワンコイン500円で提供。

オーダーは、しおの風の「特選塩らーめん」にしました。

フードストリートに券売機は無く、各店毎の前金制。

完全セルフ方式。

注文して代金を払ったら、脇で待つ仕組み。

休日の昼とか、かなり並びそう。

RIMG0773.JPG
厨房では、グループの総帥鈴木店主自ら調理。

他にスタッフの方1名。

画像は、商品受取り口横のトッピングコーナー。

各テーブルに調味料等は一切無く、ここでカスタマイズする方式。

塩らーめん専用調味料は、ゆず胡椒とねり梅。





RIMG0824.JPG
楽食、客席の様子。

RIMG0816.JPG
フードストリート「楽食」全店メニューその1。

RIMG0818.JPG
フードストリート「楽食」全店メニューその2。

そして待つことしばし、「特選塩らーめん」完成でーす♪
RIMG0778.JPG
受取り時、丼の縁にゆず胡椒を付けてみました。

RIMG0779.JPG
鳥の図案の「玉丼」型丼で登場。

RIMG0785.JPG
具は、海苔3枚、水菜、麸、クコの実、メンマ、味玉、チャーシュー。

チャーシューは、ちょっと豚臭くというか、やや癖がある感じ。

RIMG0789.JPG
スープは、あっさりとした薄口の塩味。

ってか、しおの風本店でも感じましたが、やや平板で短調、コクも薄めな感じ。

しおの風グループの担々麺は、かなり好みの味。

5月に満天食堂で食べた「煮干し中華そば」もかなり美味しかったです。

が、今回はフードコートラーメンの域を出ない感じ。



RIMG0786.JPG
麺は、浅草開化楼の細縮れ麺。

麺は、無問題に美味しいです。

今回のラーメン、具も多いし500円ならウェルカムですが、フルセルフで880円はやや割高感も。頑張って下さい!ごちそうさま!

塩専門 しおの風 (345/'11)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック