2011年10月1日、南越谷の「越谷 西方屋」にやって来ました。
RIMG0387.JPG
2011年9月8日オープン。元々ラーメンショップ(ラーショー)系の青木亭 越谷店でしたが、青木亭から独立開業。チェーンを離れてからも、基本的に味は変わらないとか。実はラーショは好きなので、むしろ歓迎(笑) 魁力屋 草加店の後、背脂ラーメンの連食ですw

RIMG0352.JPG
入店前に、まず店頭券売機で食券購入です。

券売機は、メニュー番号をプッシュして購入する方式。

お品書き、は券売機上、天井近くの高い位置に掲示。
RIMG0354.JPG
主なメニューは、拉麺600円、和布拉麺700円、麺麻拉麺700円、葱拉麺700円、焼豚麺800円、葱焼豚麺900円、つけ麺100円増し、他。味は、醤油・塩・味噌の3種類あり。価格は全て「小」。オーダーは、メニュー右端の「拉麺」醤油味にしました。

RIMG0382.JPG
オープンセールとして、9/8〜9/13まで、正油ラーメン1杯200円。

9/15〜9/30まで、ラーメン200円引き。

あたた、昨日まで200円引きだったのですね(><)

10/1〜1/31まで、サービス券持参で月替わりで丼が0円。

店内は、厨房を囲むL字型カウンター12席位。 RIMG0360.JPG 外に屋根付きのスペースがあって、4人卓x2と待ち席あり。

12:30頃入店で、先客8、後客8。

厨房には、店主さんとおばちゃんスタッフ2名。

卓上調味料は、胡椒、すりおろしニンニク、豆板醤、醤油、酢、ラー油、一味唐辛子、塩。

箸は、割箸。

カウンター上には、お口直しの飴玉あり。

RIMG0356.JPG
BGMは、FMラジオのNACK5。

卓上には、ラーメン1杯につき1個サービスのゆでたまごあり。

昨日の井関屋と同じですね。

サービスのゆでたまごは、連食中なので辞退(^_^;)

そして待つことしばし、「拉麺(らーめん)(醤油)(小)」完成でーす♪
RIMG0366.JPG

RIMG0372.JPG
白い「反丼」で登場。

ってか、タレが垂れてますがな(^_^;)

RIMG0369.JPG
具は、ワカメ、チャーシュー、メンマ、ネギ、麩、ナルト。

ラーメンの具に麸とは、珍しいですね。

RIMG0379.JPG
スープは、表面に細かい背脂がたっぷり。

豚の出汁がダイレクトに味わえる仕様で、生姜も結構効いています。

ラーショーにしては、化調感はあまり感じられず。

ってか、イメージするジャンクなラーショーとはやや異なる大人しめの味わい。

ですが、これはこれでなかなか旨し。

RIMG0377.JPG
麺は、中太縮れタイプ。

店主さん、大きめのゆで釜で麺を泳がせ、平ざるを巧みに操って、惚れ惚れするような見事な湯切りを披露。

職人技ですなぁ〜!

テボではなくタップリの湯で自由に泳いだ麺は、シコシコと美味いですねー!

オーソドックスな背脂醤油ラーメンですが、なかなか美味しかったです。ごちそうさま!

越谷 西方屋 (319/'11)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック