2011年9月19日、国分寺の「中華そば ふうみどう -FUMIDO- 」にやって来ました。
RIMG0093.JPG
2011年7月1日、荻窪にあった風味堂が移転オープン。評判の良いお店でずっと気になっていましたが、タイミングが合わずなかなか来店出来ず。今回3連休のなか日に、ようやく訪問する機会が訪れました。

昼に家族でラーメンランチ、この後ムタヒロのプレオープンへ参加という、本日2/3軒目です(^^ゞ

RIMG0053.JPG
夜の部開店時間の5分前に到着。

1番海苔〜!(笑)

RIMG0052.JPG
移転に伴って、屋号が「風味堂」から「ふうみどう -FUMIDO-」に、漢字からひらがなとローマ字へと変更になったんですね!

RIMG0049.JPG
店頭には、三河屋製麺の麺箱。

定刻1分前に開店。シャッターしてると、早めの開店は嬉しいです!(笑)入店すると、まず券売機で食券購入です。
RIMG0057.JPG

麺メニューは、中華そば650円、つけ麺700円、台湾ら〜麺750円、台湾つけ麺の4本柱。
RIMG0050.JPG

RIMG0054.JPG
サイドメニューは、ちりめんご飯150円。

日替わりで、昆布・鮭・梅のいずれか。

ランチタイムは、サービス価格100円。

RIMG0055.JPG
中華そばは、『懐かしいけど新しい「和風醤油」』

つけ麺は、『細麺にガッツリ絡む「鰹醤油」』

RIMG0055-2.JPG
台湾ら〜麺は、『病みつきになる一杯』

台湾つけ麺は、『食欲の無い時にドンピシャリ!!』

オーダーは、券売機先頭左端の「中華そば」にしました。

RIMG0063.JPG 店内は、三角形の2辺を使った対面式のカウンター12席。

後客1。

奥が厨房で、作っている所は見えず。

厨房には店主さん、ホール担当は物腰の柔らかな女性、奥様かな?

壁掛け液晶テレビの放送が、BGM代わり。

ちょうど、笑点が始まったところでした(笑)

RIMG0061.JPG
卓上の様子。

箸は割箸。

RIMG0065.JPG
カウンターには、台湾ラーメンの〆にライスおすすめのインフォがあります。

そして待つことしばし、「中華そば」完成でーす♪
RIMG0071.JPG

RIMG0075.JPG
唐草模様っぽい模様の丼で登場。

具は、海苔、ナルト、笹切りネギ、チャーシュー、メンマ。
RIMG0076.JPG 店頭掲示のメニュー説明書きによると、
『『スープは和風の魚介醤油。越後の赤鳥、豚骨を中心に日高昆布や香味野菜で輪郭を描き、季節により産地や品種変える煮干し、宗田節、鯖節、干し海老なを合わせます。有機丸大豆醤油と店主が惚れた手作りの醤油で作る「返し」で仕上げたスープは、ほんのりと甘みを感じる優しい味わいです。麺はスープとベストマッチの中細のストレートをご用意。納得の一杯を是非、ご賞味下さい!』
とのこと。

RIMG0086.JPG
チャーシューデカ!しかも極厚。

RIMG0088.JPG
スープは、クリアでキレのある清湯煮干し味。

上品かつ繊細で、都会的な味わい。

綺麗に煮干しが効いていて、雑味・エグミ・酸味ゼロ。

淡麗煮干しスープお手本的な味わい、美味いですね〜!

RIMG0084.JPG
三河屋製麺製の麺は、食感と啜り心地が良く煮干しスープとも好相性です。

スッキリと美味しく、煮干しの余韻を楽しみながら完食。久々に「台湾ら〜麺」も食べてみたいです。ごちそうさま!

中華そば ふうみどう -FUMIDO- (300/'11)