つけ麺の祭典「大つけ麺博 第2章」開催中。今後の開催スケジュールと出店店舗は、こんな感じ。

■第2章 10月 3日10月10日
東海四天王、とみ田、日本ラーメン協会 ドリームチームby一風堂×天神下大喜、田崎真也×黄金の塩らぁ麺Due Italian、孫(山岸×つけ麺 道×麺処 ほん田)、カラツケグレ、麺堂稲葉、くり山

■第3章 10月11日10月16日
落合務×CHABUYA、五福星、カラシビつけ麺鬼金棒、肉玉そばおとど、RED RICE(湘南の風)×参○伍、麺屋彩未×つけめんTETSU、元助by一幸舎、麺屋一燈

ワタシは、今回マイペースで参加(^_^;) 序章は未食、第1章からは「69’N’ROLL ONE」をいただいて満足。

そして第2章は、今回のつけ博出店全店を通して最も気になったお店「麺堂 稲葉」がお目当て。気合を入れて、第2章初日に参戦。といっても夜ですがw
RIMG0490.JPG


19:00過ぎに到着、各店ともそこそこの列び。

RIMG0487.JPG
麺堂 稲葉は、茨城県古河市の鶏白湯専門店。

地元では長い行列が出来る人気店。

これまで都内ではあまり知られていませんでしたが、今回のつけ博出店で一躍有名に。

店名の「稲葉」は、店主がB'zが好きだったから(笑)

なので、今回の出展メニューは「つけめんウルトラソウル」。

BGMはもちろん、B'zの『ultra soul』(爆)





そして列んで待つことしばし、「つけめんウルトラソウル」完成でーす♪
RIMG0495.JPG

RIMG0503.JPG
具は、ぶつ切り白ネギ、極太メンマ、鶏モモチャーシュー。

鶏チャーシュー、濃い目の味付けでかなり美味!

RIMG0506.JPG
つけ汁の表面には、きざみ青ネギ。

つけ汁は、とろりと濃厚な鶏白湯。

タレは、塩ダレと醤油ダレをブレンドしたつけ博オリジナルのものとか。


RIMG0512.JPG
麺は、平打ちちぢれ麺とストレート太麺の2種混合。

もちもち感と啜り易さ、食べ応えと軽快な喉越しを両立。

薀蓄はさておき、このつけ麺は傑作!

鶏白湯でこれほどの濃度と旨味を引き出せるとは!

迷わず参りましたと言う位、超美味!

RIMG0515.JPG
イベントの醍醐味は、普段滅多に会えない仲間と会えること。

今回も自然と集合(笑)

左画像は、raidakaさんが「田崎真也×Due Italian」で2000円トッピングをした時に貰ったカード。

800円のつけ麺に2000円のトッピング、スゴすぎ!(^_^;)

稲葉に列び中、隣の東海四天王に列んでるおちゃさん発見。
RIMG0485.JPG
ちなみに四天王は、麺屋白神・麺家喜多楽・豚そばぎんや・麺の坊晴レル屋の4軒。

という訳で(笑)、こちら、おちゃさん発注の東海四天王「名古屋つけ麺
RIMG0492.JPG
麺はきしめん風、上に粉チーズ。つけ汁は、ニンニクが効いた台湾ラーメン風スープに八丁味噌の肉味噌。具は、水餃子。ちなみに、別注有料トッピング1000円「金のシャチホコ盛り」にすると、エビフライ2本、タルタルソース、海苔、味噌カツ、金箔、そしてデザートに青柳ういろうが付くそうです。もはや、つけ麺と言うより名古屋飯ワンプレートΣ(´∀`;)

つけ麺はもちろん美味しかったですが、やっぱりみんなとの会話が楽しかったです。また、よろしくっす!(笑) ごちそうさま!

麺堂 稲葉@大つけ麺麺2011 (322/'11)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック