2011年8月25日、御徒町の新店「麺屋 むぎのいえ」にやって来ました。
RIMG0364.JPG
2011年8月20日オープン。芝大門麺屋大斗のブログによると、芝大門の麺屋 大斗で働いていた方が独立されたそうです。

RIMG0368.JPG
店の場所は御徒町駅近く、JRガード下。

俄然モンゴリ庵麺昇 七辻と、店が入れ替わってきた場所。

入口が左隣で2Fのインド・ネパール料理 PRASADIが繁盛しているっぽいのに、右側のラーメン店は次々と閉店している場所。

今度はなんとか、頑張って欲しいところです!

RIMG0401.JPG
開店間もないので、店頭には巨大な花輪。

そして、修行先の麺屋 大斗からは、綺麗な開店祝花。

RIMG0371.JPG
入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、
醤油らーめん 並(160g)700円、中(240g)800円、大(320g)900円、

醤油つけ麺 並(240g)700円、中(320g)800円、大(400g)900円。

各種トッピングALL100円。

券売機に、
『しばらくの間、醤油味のみの販売とさせていただきます。』
との貼紙で、一部ボタンがマスキング。

オーダーは、「醤油らーめん (並)」にしました。

RIMG0370.JPG
味は、『魚介とんこつスープ』

トッピングメニューで特徴的なのが、プラス150円で、具が2倍になること。

2倍になるのは、チャーシュー、メンマ、たまご、葱、のり。

調味料では、「特製 四川山椒ラー油」が「シビレる刺激」が自慢とのこと。

RIMG0373.JPG
店内は、以前のお店とほぼ変わらない居抜き状態。

ストレートカウンター7席、奥に4人卓x1。

20:40頃入店で、先客1、後客2。

店内は、店主さん一人で切り盛り。

お冷は、入口付近の給水器からセルフで。

BGMは、無し(^_^;)

RIMG0380.JPG
箸は、割箸。

卓上調味料は、黒胡椒、「四川山椒ラー油 しぶれる辛さ!」、フライドガーリック、一味。

そして待つことしばし、「醤油らーめん (並)」完成でーす♪
RIMG0384.JPG

RIMG0386.JPG
和食器のような、趣きのある丼で登場。

RIMG0389.JPG
具は、海苔、メンマ、葱、味玉、半個、チャーシュー。

チャーシューの上には、パラリとおかか状の物体。

気づいたら、スープに沈んでハッキリとした味は分からなかったのですが、多分揚げネギ!?

チャーシューは、大判タイプが一枚。

ただし、ちょっと固かったかも(´・ω・`)

RIMG0395.JPG
店主さんは麺屋大斗で修行されたとのことで、大勝軒系の味を想像するも、かなり違う味の構成。

とろりとトロミを帯びたスープで、店頭立て看板通り『魚介とんこつ』と言う表現がピッタリの味わい。

濃い目の豚骨スープが下支えして、魚介が効果的に効いています。

一見ありふれた組み合わせながら、無闇に濃すぎることもなく、バランスがとても良く美味しいですね〜!

RIMG0390.JPG
麺は、中太で断面が長方形の軽い縮れタイプ。

スープとの絡みもイイですね!

RIMG0396.JPG 途中で、オススメの「特製四川山椒ラー油」を試してみることに。

「魚介とんこつ」スープに、ラー油が合うのか半信半疑!?(・_・)

で、「特製四川山椒ラー油」はいわゆる「ラー油」っぽさはまるで無く、花椒の痺れがバリバリに効いた、「辣油」あるいは「花椒油」といった味わい。

結論、「魚介とんこつ」スープに「特製四川山椒ラー油」は、バッチリ合います!

やや多目に入れると、魚介とんこつ担々麺風っぽくなって、風味良く痺辛で美味いです!

RIMG0399.JPG
美味しく完食。

なかなか好印象でしたので、つけ麺も気になります。

ごちそうさま!

麺屋 むぎのいえ (267/'11)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック