2011年8月6日、本日オープンの新店「TOKYO UNDER GROUND RAMEN 頑者」にやって来ました。
RIMG0185.JPG
小江戸川越で行列の絶えないつけ麺の有名店が頑者。その支店が、こちらも人気のUNDER GROUND RAMEN。その名を継承したのが今回のTOKYO UNDER GROUND RAMEN。場所が池袋駅地下なだけに、屋号は「UNDER GROUND RAMEN」にしたのかな?(^_^;)

RIMG0189.JPG
店は、東武ホープセンターサウスゾーン、ホープ特選グルメコーナ。

ホープセンター内は狭いので、行列は店頭からではなく、ホープセンター外の通路からです。

RIMG0156.JPG
列ぶ場所は、池袋駅中央通路と南通路を結ぶ通路(オレンジロード?)のコインロッカー前の壁際。

列を作る場所が無いとはいえ、店から待機場所まではわりと距離があります。

RIMG0190.JPG
事前情報から、営業時間は10:00〜22:00。

なので、オープンも10:00と思い、開店時間5分前に到着。先客8。

まもなくオープンかと思いきや、一向にオープンする気配無し。

後でスタッフの方に確認したところ、この日(オープン初日)だけ11:00開店、翌日以降は10:00開店とのこと。

開店1時間以上遅れとツイートしましたが、実はオープン初日11:00開店は事前に決まってたようです(^_^;)

公式HPに、「初日11時」の記載がありました。

どうも、すみませんm(__)m

RIMG0148.JPG
列んで待っていると、前にいた方から声をかけられてビックリ。

マイノDさんでした!どーも、おはようございます!(笑)

以前会った時より髪が伸びていたので、一瞬誰だか分からなかったです(^^ゞ

定刻15分程前から「順番に食券を購入して下さい」との案内。待機列から離れて店頭まで歩いて行き食券購入、また歩いて列へ戻ります。
RIMG0154.JPG

RIMG0151.JPG
主なメニューは、つけめん(濃厚)800円、辛つけめん850円、つけめんライト(淡麗)800円、辛つけめんライト850円.

具増量の特製仕様は200円増し。

サイズは、S200g・M300g同料金。L450g+100円、XL600g+200円。

サイドメニューは、アンダーグラウン丼350円。

先客が注文してましたが、チャーシュー丼みたいな感じでした。

メニュー写真は、公式HPにも掲示されています。

オーダーは、「つけめん」は既食の頑者風と思って、淡麗という「つけめんライト」のSにしました。

RIMG0267.JPG
帰り際に気づいたのですが、ホープセンター入口脇のラックに無料トッピング券付きチラシがありました。

先客はやけに「アブリチャーシュー」トッピングが多いなと思ったら、実はこれだったのね(^_^;)

公式HPにも8月限定ですがクーポン付きPDFファイルがあり、印刷して持参すると、やはり「アブリチャーシュー」トッピングのサービスが受けられます。

RIMG0188.JPG
結局5分遅れで開店。

開店時、20人超の行列。

店内は、ピッカピカの白木カウンターが鮮やか。

そして、黒の壁面とのコントラストが印象的。

RIMG0159.JPG
店内奥が厨房、手前が対面式凹字型カウンター12席。

4人卓x3。

厨房には5名、ホール・外合わせて少なくとも4名のスタッフ。

厨房奥には、大橋店主もいらっしゃいました。

カウンター席では、Docomoはなんと痛恨の圏外(´・ω・`)

RIMG0158.JPG
備え付けの箸は、割り箸。

卓上調味料は、一味・胡椒・酢。

BGMは、ビートルズ。

初日開店直後ということで、オペレーションはやや混乱気味。

そして待つことしばし、「つけめんライト(S)」完成でーす♪
RIMG0164.JPG

RIMG0172.JPG
麺が先に登場。少しタイムラグがあってつけ汁サーブされるという順番。

麺は、ひかり食品の自家製麺。

幅広の極太タイプで、ツヤツヤした光沢が鮮やか。

食感は瑞々しくツルッツルの麺肌で風味もよく、しっかりとしたコシがあり、これぞつけ麺の麺といった美味しさ。

RIMG0168.JPG
「つけめんライト」のスープは、さらさらの清湯。

パッと見、醤油ダレの色が濃い印象。

RIMG0180.JPG
つけ汁の中の具は、チャーシュー、メンマ、きざみネギ、ナルト、海苔。

チャーシューは結構厚みがあり、思いの外ボリューミー。

RIMG0175.JPG 麺をつけ汁に浸けていただくと、かなり醤油ダレが立った印象。

そして、香味油がややオイリー。

つけ汁は、鶏系がやや強めで出汁感もしっかりしていますが、バランス的にタレと香味油がやや多めな印象。

ただ麺が大変美味しく、食べ進むうちにあまり気にならなくなってきます。

器の底に柚子が仕込んであり、後半柚子が香るプチサプライズ。

RIMG0182.JPG
スルスルと食べ進んで、Sサイズの麺をあっという間に完食。

スープ割りは、器を渡して割りスープを入れて貰い、器が帰ってくる方式。

魚介系にシフトして、美味しくフィニッシュ。

当面行列しそうですが、アイドルタイムを外せばスムーズに食べれるかな?次回は、「辛つけめん」にチャレンジ予定(笑)ごちそうさま!

TOKYO UNDER GROUND RAMEN 頑者 (246/'11)