2011年6月9日、神田の新店「中国料理 五指山」にやって来ました。
RIMG0630.JPG
2011年4月11日オープン。店のマークは、5連山の峰が連なって、5本指に見える山影。

元松陰神社前にあった同名店が閉店して、現在の場所(らぁめん 大山跡地)に移転オープン。ちなみに、松陰神社前の五指山跡地には、既に青森煮干し中華そばJINがオープンしています。

店内は、カウンター5席(3席+2席)、入口側に4人卓x1、奥に6人卓x1。
RIMG0635.JPG らぁめん 大山の頃と比べると、奥のカウンターを減らして、テーブル席を入れるリフォームを実施した模様。

20:00頃入店で、先客2グループ8名全員飲みモード、後客0。

厨房には店主さんと、ホール担当女性スタッフ1名。

券売機は無く、後会計制。

BGMは、何故かレゲエ(笑)

夜の部は居酒屋営業、〆にラーメン注文可能。もちろんラーメンのみでも可。

RIMG0634.JPG

RIMG0631.JPG
麺メニューは、麻辣湯麺・担々麺900円、海南粉・海南風あえめん900円。

担々麺と、麻婆土鍋ご飯が有名。

オーダーは、一番人気の担々麺に。

そして待つことしばし、「担々麺」完成でーす♪
RIMG0638.JPG

RIMG0643.JPG
かなりごっつい重量のある丼で登場。

RIMG0646.JPG
具は、チンゲン菜、ひき肉、ナッツ等。

チンゲン菜はコンパクトに畳まれて盛りつけられていますが、広げるとかなりの分量。

RIMG0651.JPG
スープは、ドロドロの高粘度タイプ。麺や具に絡みまくり。

そして、花椒の効きが思いの外強く、かなりピリピリと来ます。

強い痺れ感が心地良く、なかなか美味しいです。

一般向けにしては辛すぎ(痺れ過ぎ)な気もしますが、その個性が人気の秘密でしょうか!?



RIMG0647.JPG
麺は、ストレート中細。

ラーメン専門店では無く中華料理専門店のラーメンに見られるタイプ。

ってことで、かなりの柔ゆで。

個人的にはもう少しコシを残したゆで加減が好みですが、これも悪くはないです。

ピリピリヒーハーを堪能しながら美味しく完食。次回は、豊富なつまみで飲みかな!?(笑)ごちそうさま!

中国料理 五指山 (178/'11)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック