2011年7月16日、絶品の冷やしを求めて幡ヶ谷の「そばはうす 不如帰」へやって来ました。
RIMG0081.JPG
不如帰の限定は、開店前に行列者で限定数に達するという人気ゆえのハードルの高さで有名。今回も開店前にsold outでした!(^_^;)

RIMG0043.JPG
不如帰、現在実施中の限定は、

『鶏と蛤の冷や汁塩そば

土曜日曜(昼のみ)

限定12食980円

鶏がらと肉をたっぷり使用してじっくり時間をかけて旨味を引き出した鶏のスープと、蛤を使用して仕上げたスープとのダブルスープ。

鶏の旨味、蛤の旨味風海をバランス良く仕上げることが出来ました。』

RIMG0044.JPG
ちなみにもう1つ実施中の限定は、

『裏 木曜日のみ

限定十二食900円

冷や極(極にぼ冷やしそば)

煮干しを通常の極にぼよりも増やし、丁寧に火を入れて、煮干しの良いところだけを引き出しました。

もちろん、煮干し出汁100%で仕上げました。』

木曜昼限定12食だと、会社があって来れないっす(><)

夏休みの宿題にしよ!(笑)

開店30分前を切った11:00過ぎに到着。 間に合うかドキドキ。
RIMG0050.JPG
限定数12食のところ先客10名、11番目ゲット、セーフ!ヽ(^o^)丿

1名おいて前にはホト常連のじたさん、それからjunさん、前の方にはビックスクーターさん、どーもこんにちは!(笑)

定刻5分過ぎに開店。

開店時行列は16名。

限定狙いの人だけじゃないところから、お店の人気が伺えます。

RIMG0053.JPG
店内8席なので、しばらく待って入店。

厨房では、山本店主さんと奥様元気に営業中。

やや照明を落としたブラックを基調とした店内は、カフェバーのようなお洒落な空間。

BGMのラジオがミスマッチながら、庶民的で親近感w

ホトのカウンターはアットホームな雰囲気で居心地が良く、とても落ち着くんですよね〜!

画像は、カウンター上にあった「岩手県立大学総合政策学部被災学生救済のための募金」の案内。

RIMG0056.JPG
被災した約30名の学生の方が、現在深刻な状況に置かれているそうです。

詳細は、こちらをご覧下さい

そして山本店主さんの真剣な作業の後、「鶏と蛤の冷や汁塩そば」完成でーす♪
RIMG0059.JPG

RIMG0066.JPG
白亜の端正な美しい器で登場。

RIMG0064.JPG
具は、白髪ネギ、殻付きハマグリ、あおさ海苔、とうもろこし、味玉半個、炙り鶏肉。

RIMG0075.JPG
夏らしい具ということで、焼きとうもろこし。

札幌味噌ラーメンに粒コーントッピングはありますが、こちらでは芯付き(笑)

これがまた美味しくて、ビールを激しく欲します!(^_^;)

RIMG0078.JPG
炙り鶏肉は、身がレアで鳥わさ状態。

ここは鶏料理専門店かと見紛うほどの美味しさ!

RIMG0072.JPG
スープはサラサラした淡麗系塩味。

キリリと冷やされていて、酷暑の中行列して火照った身体を優しくクールダウン。

鶏と蛤がバランス良く織りなす旨味のハーモニーが素晴らしく、レンゲが止まらない美味しさ。

RIMG0068.JPG
麺は、極細縮れ麺。

全粒粉入りなのか、黒い粒々が点々と見えます。

きっちりと冷水で〆られているのに、柔らかで優しい食感の麺肌。

美味しいですね〜!

行列しても食べたい、そして食べた後は何時までも記憶に残る一杯。そんな形容がピッタリの素晴らしい冷やし麺でした。また来ますね!ごちそうさま!

そばはうす 不如帰 (224/'11)


RIMG0052.JPG
不如帰の休業情報。

7/20(水) 臨時休業
7/27(水)〜7/31(日) 夏季休業

予定されてる方は、ご注意を!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック