2011年6月30日、新小岩の新店「ラーメン 燈郎」にやって来ました。
RIMG0096.JPG
2011年7月1日グランドオープン。新小岩で行列の絶えない人気店麺屋 一燈の支店。

オープン前日のこの日、メルマガ読者限定でプレオープン営業を実施。限定営業夜の部に潜入!

RIMG0044.JPG
プレオープン時は、ラーメンのみ提供。

一杯500円というサービス価格。

19:00前到着で約50人弱の行列。

さすが、一燈の支店!長い行列は想定内^ロ^;

列んでいると、アリスさんとがくさん登場!どーも、ヾ(=^▽^=)ノ

アリスさんに紹介してもらったワタシの前の方は、事情によりハンネをここに書けないPさん(笑)

どーも、はじめまして(・∀・)ノ

Pさんと話が弾んで、長い待ち時間も、あっという間(笑)


RIMG0042.JPG
屋号の「ラーメン 燈郎」は、二郎ライクなガッツリ系ラーメンを提供するお店ということで、「一燈」の「燈」と「二郎」の「郎」の組み合わせ。

以前一燈で限定提供した濃厚豚骨らーめんが大好評で、それをチューンナップしたらーめんとのこと。



RIMG0040.JPG
行列途中で食券を購入するよう促され、一旦店内へ。

主なメニューは、らーめん750円、つけ麺(近日発売予定)、汁なし油そば(近日発売予定)。

この日は、ラーメン特別価格500円のみの提供。

前日のレセプションに出席したPさんによると、「汁なし油そば」が激ウマだったとのこと。う〜ん、気になる!(^_^;)

食券を渡すと、ヤサイ増しとニンニクトッピングの有無を聞かれます。

ヤサイ普通(増し無し)、ニンニク無しでお願いしました。


RIMG0041.JPG
麺量一覧。

ミニ<並<中<大<特の順で大盛り仕様。


RIMG0050.JPG
しばらくして入店。

店内は、厨房を囲むL字型カウンター10席。

ただし、数人連れに対応するため、適宜椅子を入れて11席化も可能。

厨房には、坂本店主さんとスタッフの方で計4名。

ホールと天外に各1名。



RIMG0047.JPG
カウンター入口側の端には、金色のダルマ。

RIMG0059.JPG
箸立ての箸は洗い箸で、エコ対応。

BGMは、JPOP。

RIMG0051.JPG
卓上には、クリアフォルダーに入った各種インフォメーション。

撮影協力Pさん、どうもありがとうございます!(^_^;)

最初のページは、『燈郎の食べ方』

ニンニクトッピのオススメと、『天地返し』、スープ割りなど自分好みのカスタマイズの紹介。

RIMG0055.JPG
『ミニラーメン』

麺150gで連食や女性向き。

RIMG0056.JPG
コインPの案内

それから店内照明は低発熱・低消費電力のLEDを使用しているとのこと。

RIMG0055-2.JPG
麺は、自家製極太平打ち麺

RIMG0058.JPG
カウンターの上には、ステンレスポットに入ったスープ割り用スープ。

この日は、らーめんのみの提供ですが、ポットの中には割りスープもしっかりと入っていました。



RIMG0087.JPG
卓上調味料は、醤油(カエシ)、酢、ラー油、一味、胡椒。

女性用髪結いも完備。

そして待つことしばし、「ラーメン(ヤサイデフォ・ニンニク無し)」完成でーす♪
RIMG0068.JPG

RIMG0070.JPG
「(燈郎)らーめん」サイドビュー

RIMG0074.JPG
具は、きざみ青ネギ、ヤサイ(モヤシ・キャベツ)、ブタ(チャーシュー)。

RIMG0080.JPG
ブタは、かなり大判サイズのものが2枚。

肩ロースかな!?


しっかりと食感の残るあるタイプで、食べ応えあり。

RIMG0084.JPG スープは、茶濁したとろっとろの濃厚タイプ。

豚骨ながら、いわゆる二郎系の乳化したスープとは別物。

豚骨を徹底的に煮出した超濃厚スープで、どちらかと言えば二郎というより無鉄砲に近い感じ。

このままタレでガッツり味濃くしたら、まんまつけ麺のつけ汁でもイケルじゃん位の味わい。

極太麺にも良く合って、美味いですね〜!

RIMG0077.JPG
麺は、箸と同じ程の太さかと言うくらい、うどん並の極太麺。

啜るというより、ワシワシとガッツりいただくタイプ。

自家製麺ということで、風味食感共に良く、さすがの美味しさ!

RIMG0088.JPG
カウンター上ポットの割りスープは、魚介のさらさら清湯。

鯖系かな!?それだけ飲んでも、さっぱりと美味しいです。

ラーメンをスープ割りして、濃厚豚骨から豚骨魚介へと味変させるのも楽しくて美味しいです。

そしてこちらが、Pさんのヤサイ増し。
RIMG0066.JPG

RIMG0063.JPG
Pさんのヤサイ増し(左)とワタシのヤサイノーマル(右)2ショット。

上からみるとさほど印象変わらず。

RIMG0065.JPG
真横から見るとその差歴然、ヤサイが高々と峰を成しています!

麺屋 一燈から産まれたG系「燈郎」、かなり美味しかったです。「汁なし油そば」が始まったら是非食べに来たいです。ごちそうさま!

ラーメン 燈郎 (205/'11)