2011年6月11日、渋谷の新店「らーめん こじろう 526」にやって来ました。
RIMG0775.JPG
2011年6月4日、雪が谷大塚から移転オープン。元々「ラーメン二郎 武蔵小杉店」(現「こじろう 武蔵小杉店)」の支店。というわけで、二郎系のガッツリラーメンを提供するお店。
こじろうは、日暮里店を実食しましたが、雪が谷大塚(現渋谷)は初。青森煮干し中華そば JINの後、連食ですw

RIMG0751.JPG
お店は、JR渋谷駅西口を出て、山手線ガード沿いを延々恵比寿方面に歩いた、ちょっと分かりづらい一角にあります。

二郎系ラーメン店ということで、野趣溢れる店舗を想像していたところ意外や意外。

暖簾もノボリも無く、渋谷のスタイリッシュな街に溶け込むお洒落な外観。

前を通過するも気づかず行き過ぎて、辺りをウロウロしてしまいました(;・∀・)


入店すると、まず券売機で食券購入です。

麺メニューは塩800円、正油700円の2本立て。そこにトッピングと麺量のバリエーション。プラス券売機下方の「526正油ラーメン」は、汁なしのまぜそばタイプ。
RIMG0754.JPG
オーダーは、券売機先頭の「塩」にしました。

店内、カウンター9席。 12:30頃訪問で、先客7、後客2。
RIMG0772.JPG
厨房には店主さんと、女将さんかな?スタッフの女性の2名体制。

卓上調味料は、胡椒、醤油(ラーメンタレ?)、魚粉、ラー油。

ってか写真ブレブレ(@_@;)

画像には写っていませんが、一味もありました。

箸は割り箸。

BGMは、邦楽。

RIMG0755.JPG
厨房入口近くには、製麺機。

というわけで、こちらでは自家製麺。

提供前に「ニンニク入れますか?」の代わりに、「ゆず入れてもいいですか?」のコール。「はい!」の返答。

そして待つことしばし、「塩(ラーメン)」完成でーす♪
RIMG0757.JPG

RIMG0765.JPG
大きなラーメン丼プラスお椀にスープのWの器で登場。

RIMG0762.JPG
塩ラーメンは雪が谷大塚時代は、食材が鯛や鱸(すずき)や蟹など、その日取れた新鮮な魚を使った日替りだったとか。

渋谷に移転してからのオープン後数日は、希少な高級魚を使った限定を提供していたようです。

しかし、渋谷での塩味のディフォはこの日提供の「海老」。

RIMG0760.JPG
傍らには、濃厚な海老だしスープ付き。

RIMG0764.JPG
具は、糸唐辛子、白髪ネギ、水菜、メンマ、アオサ(?)

柚子は、チャーシューの上にほんの小さなカケラが(笑)

RIMG0766.JPG
自家製の麺はしなやかでツルッツルの食感。

そして、驚くほど長〜〜〜い!

ほんの一つまみ掴んだつもりが、ズルズルと途切れなくどんどん後からでて来ます(笑)

この麺、旨いですね〜!


RIMG0769.JPG
スープは、怒濤の海老テイスト!

ややオイリーですが、猛烈な海老フレーバーで海老好きには堪らない美味しさ!

RIMG0771.JPG
お椀のスープは、濃厚でトロリとした海老出汁。

大将から、「海老の頭をつぶして、麺をつけて食べてみて下さい」とのお達し。

その通りにすると、味噌味っぽい濃厚な海老汁で、こちらも美味い!

ボリュームもかなりありますが、満足の完食!強いて言えばもう少し柚子が効いていてもいいかな(笑)そして、また変わった鮮魚の塩ラーメンに期待です!(^_^;) ごちそうさま!

らーめん こじろう 526 (181/'11)