2011年5月28日、国分寺の新店「らーめん 武道家 口 ~くにがまえ~」にやって来ました。
RIMG0115.JPG
2011年5月4日オープン。早稲田にある家系ラーメンの店「武道家」の支店。武道家@早稲田は未食。
ですが、2009年5月中野にオープンした支店二代目 武道家@中野は、オープン当日に実食済み。

備長炭串屋 跳兎で絶品の串焼き他を堪能した後、〆麺を求めて384さんと一緒に訪問。

RIMG0118.JPG
入店すると、4名ほどのスタッフが大きな声を揃えて、「いらっしゃいませぇ~ぃ」と迎えてくれます。

ほとんど「せぇ~」しか聞こえません(笑)

客のお出迎えは「せぇ~」ですが、見送りは普通に「ありがとうございました」。

帰りも「ありがとうございましたぁ~」とかすれば良いのに!(^_^;)



入店するとまず券売機で食券購入です。
RIMG0123.JPG
主なメニューはラーメン650円。ってか、その1種類で、後はトッピングと麺の量のバリエーションという潔さ。ライスは、50円でなんと無限!(食べ放題)

オーダーは、ディフォの「ラーメン」にしました。
RIMG0121.JPG

注文時、お好みを聞いてくれます。

カスタマイズは、麺の硬さ(かため・ふつう・やわらかめ)、味の濃さ(こいめ・ふつう・うすめ)、油の量(おおめ・ふつう・すくなめ)の組み合わせ。

ワタシも384さんも、「麺かため」で。

店内は、L字型カウンター10数席。
RIMG0130.JPG 20:00過ぎの入店で、8割ほどと盛況な入り。

厨房には、キリリと白い鉢巻を締めた若い男性スタッフ4名ほど。

BGMは、邦楽。

卓上調味料は、ゴマ、秘伝のタレ、特製辛味噌。

カウンターの上にはきゅうりの漬物(パリパリきゅうり)もあります。

50円おかわり自由のライスと漬物の組み合わせでも楽しめそう。

カウンター掲示物。『ラーメン&ライスの美味しい食べ方』を読むとライス欲がそそられますが、串焼き沢山食べた後なので自重(^_^;)
RIMG0125.JPG

そして待つことしばし、「ラーメン」完成でーす♪
RIMG0132.JPG

RIMG0136.JPG
武道家@中野は、家系で良く見る薄青色の丼でしたが、こちらは黒の精悍な器で登場。

RIMG0138.JPG
具は、海苔、チャーシュー、ほうれん草、きざみネギ。

海苔は、ディフォでなんと5枚という気前のよさ。

海苔増ししたら、大変な事になりそう(笑)

RIMG0141.JPG
チャーシュは、余分な脂身を落としたような赤身タイプ。

柔らかで、食べ易いです。

RIMG0142.JPG
スープはかなり粘度が高く、食べ初めからすぐに上唇と下唇がペタペタくっつく感じ(笑)

豚骨の旨味が存分に溶け出していて、醤油ダレの加減も良いです。

スープ表面に浮かぶ鶏油が、一層のコクと風味を演出。

乱立する家系の中でも、かなり美味しいです!

RIMG0147.JPG
麺は、断面が四角いストレート中太タイプ。

家系の習わし(?)で、やや短めのカットは、リズミカルに食べられるようにとの工夫から。

固め指定でアレコレ撮影していると、調度良い柔らかさに(笑)

RIMG0151.JPG
家系ではいつもマストに実践する、途中からの辛味噌投入。

今回もホットに味変。

ただし、入れ過ぎると辛くなるよりショッパくなり過ぎるので要注意(^^ゞ

かなり飲んだ後ですが、美味しく完食。国分寺は最近新店ラッシュで気になるお店が目白押し。また来よう!ごちそうさま!

らーめん 武道家 口 ~くにがまえ~ (167/'11)