2011年5月21日、神楽坂の新店「It`s shrimp! 〜エビ麺専門店〜」にやって来ました。
RIMG0414.JPG
2011年5月9日オープン。夜営業である居酒屋「魚串さくらさく」の昼の時間帯を借りての間借り営業。日曜・祝日は移動販売車にて営業とのことで、実店舗は日祝休み。

ランチ営業のみのお店はワタシ的にハードルが高く、本日土曜日ようやくの訪問。

RIMG0388.JPG
It`s shrimp! 〜エビ麺専門店、お持ち帰りも可で、プライスワンコインの500円。

市ヶ谷経済新聞に載りました」とのことで、お店を始めるに至った理由や間借り営業の経緯などが書かれています。

RIMG0387.JPG
間借り営業なのでお店の存在を示す物は、片付けが可能な立て看板やポスター。

間借り先(?)の魚串さくらさくオフィシャルHP掲載の住所は、東京都新宿区神楽坂6-8。

ところがこの住所でグーグル他のMAP検索すると、まったく違う場所がポイントされます。

店主さんのブログ及び当ブログ掲載の記事には、マップに正しい位置を掲載してあります。

また、店主さんのブログによると、迷ったことを伝えると、トッピング一品無料サービスだそうです。

RIMG0389.JPG
女性がターゲットのワンコインラーメンとのことで、店頭には若い女性がエビ麺をささげ持つポスター。

ってか、店舗外観写真に人の顔が写ってると一瞬焦ったのはナイショ(^o^;

RIMG0412.JPG
店頭ディスプレイも、夜の居酒屋とは緯線を隠す洋風なデザイン。

RIMG0407.JPG
魚串料理メインの居酒屋という店内は、木のぬくもりを感じるウッディな内装で、思いの外お洒落でスタイリッシュ。

壁掛けメニューが無ければ、パブとかバルと言っても通りそう。

11:15頃入店で、先客2、後客0。

ってか、昨日のCHABUYA MORIZUMI ★ CUISINEでも遭遇した山本達人発見!ど〜も!

券売機は無く後会計制。
主なメニューは、エビ麺 シングル500円、ダブル600円、トリプル700円、替玉100円、ごはん150円。
RIMG0391.JPG
トッピングは、カレーパウダー50円、ゆで卵100円、パクチー100円、辛さ増し50円、野菜増し100円、エビ増し150円。オーダーは、「エビ麺 シングル」にしました。

RIMG0393.JPG
夜の「魚串」メニュー。

RIMG0392.JPG
夜のボードメニュー。

夜営業のメニューも、気になる〜!

RIMG0411.JPG
スタッフの方は、厨房とホールに各1名。

卓上の様子、箸は洗い箸でエコ対応。

BGMは、洋楽。

先程の店主さんのブログによると、『エビの香りは1億ppm スタッフの愛想笑いは0円 素敵なランチタイムはプライスレス』だそうです(笑)

そして待つことしばし、「エビ麺 シングル」完成でーす♪
RIMG0397.JPG

RIMG0399.JPG
「高台型」のミニサイズ丼で登場。

RIMG0402.JPG
具は、小エビ、干しエビ、パクチー、黄パプリカ、ニンジン。

パクチーが入っていますが、全体にエビ香が強くパクチーは気にならず。

パクチーの上の味噌状のものは、スープのベースになっているというエビを発酵させた調味料「ブラチャン」かな?

直接味見しようと思ってって、気づいたらスープに溶けてしまった後でした(^_^;)

RIMG0404.JPG
そのスープは、さらさらの清湯で海老の旨みたっぷり。

一口いただくと、口中で海老がピチピチ跳ね回る感じ。

海老好きには、堪らない美味しさ!

RIMG0410.JPG
麺は、中細縮れタイプ。

中華麺らしい中華麺というか(笑)

ちょっと残念だったのは、丼の下の方でダマになっているのがあったところ。

ちゃんと茹で上がっていたので、まあ問題無し(笑)

「辛さ増し」や「カレーパウダー」も気になりましたが、最後まで海老味を楽しみたかったので今回はディフォを堪能。次回は味変アイテム追加かな!?ってか、夜来てみたいです。ごちそうさま!

It`s shrimp! 〜エビ麺専門店〜 (158/'11)