2011年5月12日、新橋の新店「タンメンしゃきしゃき 新橋店」にやって来ました。
RIMG0081.JPG
2011年5月9日オープン。タンメンしゃきしゃき@錦糸町の支店。日本橋よし町からの連食ですw

RIMG0042.JPG
タンメンしゃきしゃきは、2009年3月葛西にオープン。

2010年5月錦糸町へ移転オープン。

そして、2011年5月新橋へ支店オープン。

約1年毎に、順調に発展してますね!

RIMG0051.JPG
お店は、新橋の柳通り沿い。

泪橋やきらら、ばんからラーメン、とろ丸、揚州商人他があるラーメンストリートの先です


RIMG0047.JPG
店内は、壁に向かったカウンター11席と、2人卓x3。

19:30頃入店で、先客後客0。

この日は1日中雨なのと、まだ早い時間のためか各店とも客はまばら。

スタッフは、男性3名。

券売機は無く、後会計制。

BGMは、徳永英明の女性ヴォーカルカバー曲集(^o^;

RIMG0046.JPG
主なメニューは、タンメン700円、自家製ギョウザ450円、タンギョウセット1000円。

ランチタイム(11:00〜15:00)は、ライス無料。

オーダーは、「タンメン」にしました。

ビールとギョウザで「タンギョウビー」にも惹かれましたが、連食なので自重(笑)

RIMG0048.JPG
お冷のコップは、ステンレス。

RIMG0050.JPG
卓上の様子。

調味料は、ホワイトペッパーとブラックペッパー、酢・ラー油・醤油の餃子3点セット。

箸箱の中の箸は洗い箸で、エコ対応。

RIMG0044.JPG
卓上備え付けのラー油は自家製。

「ギョウザはもちろんタンメンにもよく合う」とのアナウンス。

そして待つことしばし、「タンメン」完成でーす♪
RIMG0057.JPG
右上に見える蓋付きの壺は、「よろしかったらお使い下さい」と提供された生姜。冷蔵庫から出されて、冷え冷えです。

RIMG0058.JPG
本店と同じ丼で登場。。

RIMG0062.JPG
具はモヤシ、ニンジン、ニラ、キャベツ、豚肉。

中華鍋でスープと合わせて、炒め煮調理された模様ですが、屋号通りシャキシャキな仕上がり。

この野菜炒めの量がとにかく多くて、かなりのボリューム。

多分、麺よりも多い感じw

RIMG0068.JPG
スープは、かなりあっさりとした塩味の清湯。

ってか、だいぶ薄味。

本店でいただいた時よりも、あっさりさっぱり目なシフト。

こちら新橋店では、まだ寸胴が馴染んでないのかな!?

RIMG0066.JPG
麺は、平打太縮れ麺。

見た目よりもインパクトがあって、麺を頬張って食べる感のあるとても美味しい麺です。

本店ではあっさり塩味のタンメンスープに、この太麺がいい感じにマッチ。

こちらでは、ややスープが軽い分、麺が勝ってるというか、スープが麺に負けてる感じ。

RIMG0071.JPG
途中で、ショウガ投入。

タンメンにショウガって合いますね!

RIMG0074.JPG
そして、自家製ラー油も試してみることに。

RIMG0075.JPG
ラー油をたらすと、ピリっとした辛味が加わり、風味が増していい感じです。

ショウガと合わせて、ナイスな味変アイテムでした。

大量の野菜でヘルシー感抜群。美味しくいただきました。ごちそうさま!

タンメンしゃきしゃき 新橋店 (149/'11)