2011年5月4日、中野新橋の「うぜん」にやって来ました。
RIMG0407.JPG
うぜんでは、ゴールディンウィーク期間中に震災復興支援ラーメンとして「貝出汁塩ラーメン」をワンコインで提供。お代は、500円プラスお気持ち。

「貝出汁塩ラーメン」は、4月3日頃から、期間限定で提供を始めたメニューが好評につき延長した模様。

この日は都内の近場で少なくとも4軒気になる限定がありましたが、終日チャリティー巡りと決めてこちらへ訪問。特級中華そば 凪 西新宿店の後の連食ですw

RIMG0412.JPG
店内のみカウンター6席。

12:20頃入店で、先客後客共にゼロ。

祝日とはいえランチタイムに厳しいですね(><)

厨房に、スタッフの方3名。

券売機は無く、後会計制。BGMは洋楽。

RIMG0410.JPG
うぜんは、2010年10月7日、恵比寿から中野新橋へ移転オープン。

今回は、オープン後間もない頃に訪問して以来2度目です。

画像は、レギュラーメニューのおしながき。

RIMG0409.JPG
「貝出汁塩ラーメン」を注文すると、麺を『喉ごしの良い真空ミキサー玉子麺』と『ザックリとした歯ごたえ小麦の風味の麺』のどちらにするか聞かれます。

ちょっと迷って、最初に書いてある「玉子麺」にしました。

RIMG0411.JPG
卓上の様子。

調味料は、ミル入り粒黒胡椒。

蓋付きステンレス容器に入っているのは、多分揚げニンニクチップ。



そして待つことしばし、「貝出汁塩ラーメン」完成でーす♪
RIMG0416.JPG

RIMG0418.JPG
鏡餅を逆さまにしたような、段々のついた丼で登場。

RIMG0420.JPG
具は、海苔、糸唐辛子、三つ葉、千切りネギ、鶏つくね。

RIMG0421.JPG
鶏つみれは、下味がしっかりついて柔らかく美味。

脂身過多のチャーシューよりは、つみれの方がずっといいですね!

RIMG0425.JPG
公式HPによると、『アサリとハマグリと地鶏のスープと、乾燥させた貝から時間をかけて風味を抽出させたクラムオイルの塩ラーメン』とのこと。

そのスープは、貝の旨味が存分に出ていて、まるで後少しでエグミが感じられる寸前のギリギリまで濃度が高められたかのよう。

ややしょっぱめな感もありますが、ボンゴレスープっぽい感じもチョットしてなかなか美味しいです。

RIMG0423.JPG
玉子麺は、ツルツルの食感で、今回のゆで加減はやや柔らかめかな。

スープには合ってると思います。

もう一種類の『ザックリとした歯ごたえ小麦の風味の麺』というのも、気になります。

量も適度で、さらりと完食。



食後の会計はワンコイン500円。入口付近のカウンター上に募金箱の設置があるので、お代プラスお気持ちの募金分は、その募金箱に投入する方式。ということで、退店時に少し募金しました。

チャリティー頑張って下さい!ごちそうさま!

濃厚鶏塩ポタージュつけ麺 うぜん (140/'11)