2011年5月2日、高円寺らーめん横丁の「蒙古タンメン 中本 高円寺」にやって来ました。
RIMG0256.JPG
GW限定「極冷し」目当て。「極冷し」は、激辛中本の中で最辛を誇る「冷やし味噌ラーメン」をより強力にパワーアップした極辛バージョン。ちなみに、中本で「冷し」とは「つけ麺」のこと。

以前中本本店で3時間待って食べた、幻の限定です。
1月に高円寺店で限定復活したものをいただきましたが、あまり辛くなかった(^_^;)。
今回GW限定で再復活したので極限の辛さを求めて、仕事帰りに訪問リベンジ。なんと、4日ぶりの外ラーメンです!(笑)

RIMG0255.JPG
限定の店頭インフォ

『GWw限定
極冷し

850円

たくさんのお客様からのご要望にお答え致しまして「幻の限定メニュー・極冷し」を4月29日(金)〜5月8日(日)の期間限定で販売致します。
トンコツ・ゲンコツなどを長時間煮込み、濃厚スープで作った冷し味噌スープは最高の一品に!!尚、極太麺(プラス60円)も対応致しますので、ご希望のお客様はお気軽にお声がけ下さい。』

入店すると、まず券売機で食券購入です。
RIMG0258.JPG
「極冷し」のボタンを最下段に発見。その隣には「辛さ控えめ」ボタンなので、間違っても押さないように!(^_^;)、

RIMG0260.JPG
21:00頃入店で、先客9、後客6名程。

ってか、上品なご婦人に声をかけられて振り返ったら、激辛クイーン真理姫さんでした!どーも、こんにちは!(^。^)

厨房を仕切るのは、池袋店の田村さん。他、スタッフの方2名。

BGMは、最新和製ロック系。

RIMG0262.JPG
卓上の様子で〜す!

そして待つことしばし、「極冷し 鬼ラー油付き」完成でーす♪
RIMG0272.JPG

RIMG0263.JPG
注文時「ラー油を付けますか?」と聞かれます。もちYESで!

「極冷し」に付くラー油は、「鬼ラー油」と呼ばれる自家製ラー油。

『鬼ラー油は市販のラー油と異なり完全な中本仕様の激辛ラー油なので遊びでの投入は危険です。』by中本の道とのことで、不用意に使用すると怪我するらしいです^^;


RIMG0277.JPG
麺は、プラス60円で浅草開化楼製極太麺に変更可能です。

が、今回はディフォのサッポロ製麺製にしてみました。

RIMG0275.JPG
「極冷し」のつけ汁は、通常の「冷やし味噌」のスープと比べるとドロドロで粘度高く見るからに濃厚。

豚肉と、それにきざみ唐辛子もタップリと入っています。

RIMG0282.JPG
麺をつけ汁に浸けて食べると、これぞまさに旨辛の「極み」!

やはり、美味しいですね〜!

RIMG0285.JPG
「鬼ラー油」に麺を浸けて食べてみました。

前回同様ごまラー油風の味わい。

「鬼ラー油」だけだと、あまり辛くないですね。

RIMG0286.JPG
「鬼ラー油」を麺につけてもあまり辛くないので、つけ汁にドボン。

RIMG0288.JPG
で、改めて麺を浸けていただくとか、辛いっ!ヒー!

「辛旨」というより「痛旨」な感じ。

これはいいですねェ!やっぱり「極冷し」なら、コレくらいじゃなくっちゃ!(笑)

RIMG0289.JPG
強烈な辛さを堪能しながら、美味しく完食!

久々に激辛を摂取出来て、元気が出ました(笑)ごちそうさま!

蒙古タンメン中本 高円寺 (137/'11)