2010年10月25日、今年302杯目。大井町に本日オープンの新店「らーめん 博多維新 大井町店」にやって来ました。
R1100432.JPG
まぐろ丼のチェーン店三崎市場のラーメン業態店です。

R1100435.JPG
お店の場所は、麺場 じゃげなの並び。

R1100439.JPG
入店すると、まず券売機で食券購入です。

主なメニューは、
得のせらーめん750円、なんこつチャーシュー麺730円、旨辛麺 中730円、らーめん かつお合わせ730円、チャーシュー麺780円、らーめん550円、味玉らーめん650円、他。

オーダーは、珍しさに惹かれて「なんこつチャーシュー麺」にしました。

R1100440.JPG
食券をスタッフに渡すと、麺の硬さを聞かれます。

「バリカタ」でお願いしました。

R1100442.JPG
母体がまぐろ丼のお店だけあって、餃子は「鮪トロ餃子」!w

超気になりましたが、次回のお楽しみに(笑)

R1100444.JPG
21:40頃入店で、先客0。

後客3の時点でスープ終了、ふー危なかったっす!^^;

店内カウンター11席。

スタッフは男性3名。


R1100447.JPG
卓上には博多ラーメン店らしく、紅しょうが完備。

箸は洗い箸で、エコ対応。

R1100446.JPG
その他の調味料は、胡椒、ゴマ、秘伝のタレ、すりおろしニンニク。

変わったところでは、餃子用特性ぽん酢、マジックビネガー。

そして待つことしばし、「なんこつチャーシュー麺」完成でーす♪
R1100453.JPG

R1100457.JPG
黄色地に黒い模様のタイガースカラーの丼で登場!(笑)

麺屋武蔵 巌虎の丼とも酷似w

R1100460.JPG
具は、キクラゲ、きざみ青ネギ、なんこつチャーシュー。

「なんこつチャーシュー麺」にすると、普通のチャーシューは入らないのね(´・ω・`)

R1100469.JPG
「なんこつチャーシュー」は、やはり大井町にあるらーめん 味香美で提供される、トロトロの角煮というかすじ肉状のモノを想像していました。

が、こちらの「なんこつ」は、そのまんま軟骨でした^^;

これはこれで、コラーゲンたっぷり栄養価抜群でしょうが、ちと脂っこいのとやや癖があって食べづらいかと(^_^;)

R1100465.JPG
スープは白濁した豚骨スープ。

寸胴の中で残り僅かな状態だったためか、ややエグ味が出ていて独特な豚骨臭がありました。

そんな時は、卓上の紅しょうがを適量投入で、スッキリと食べることが出来ますw

R1100471.JPG
麺は、博多ラーメンらしいストレート細麺。

バリカタでも、普通の固めレベルだったので、もう少し固めの湯で加減の方が好み。

サクっと完食。やはり「鮪トロ餃子」が気になりますね〜!
それからメニューを見直したら、「旨辛麺 激辛」(780円)ってのがあるじゃないすか!次回は激辛行こう!^^ごちそうさま!

らーめん 博多維新 大井町店


お店のデータは、ラーメンバンクをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック