2010年8月11日、今年222杯目。ランチは、「らーめん 元楽 豊洲店」にやって来ました。
R1096516.JPG
元楽といえば蔵前に本店のある背油チャッチャ系の老舗で、本店とここ豊洲店の他には亀戸、銀座、虎ノ門、神田に支店があります。

ココ豊洲店はアーバンドックららぽーと豊洲3階にありますが、行楽の途中ではなくあくまで仕事途中の慌ただしいランチで^^;

R1096493.JPG
この日も、刺すような日差しの真夏日だったので、やはり冷たいメニューが恋しくなります。

元楽の冷やし麺は2種類、夏細涼麺と冷やしつけ麺、各780円です。


レギュラーメニュー。基本は、こってり醤油味の元らーめん680円、さっぱり塩味の楽らーめん、オリーブオイル使用の油そば680円、他です。
R1096495.JPG

R1096498.JPG
12:20頃到着で、店内満席外待ち6名。

しばし行列の人へ。

列が進んで食券購入。

オーダーは、「夏細涼麺」にしました。

「夏細涼麺」は豊洲店のみかな?

元楽の他の支店でも、「夏細涼麺」があるかどうか、公式HPでは確認出来ませんでした。

R1096520.JPG
元楽で人気のサイドメニューが、ぶためし450円(小は350円)。

しかし、「ぶためし」が元楽の登録商標とは、驚きました!

R1096500.JPG
しばし待って着席。

卓上の様子です。

そして待つことしばし、「夏細涼麺」完成でーす♪
R1096504.JPG

R1096507.JPG
冷やし麺の器は、ラーメンの丼と一緒かな?

R1096506.JPG
具は、白髪ネギ、キュウリの千切り、カイワレ、香草、海老、豚肉薄切り、カマボコです。

背油ギトギトの豚骨醤油というイメージの元楽からすると、かなりギャップのある端正なビジュアル(笑)

R1096509.JPG
ひんやりと冷たいスープは、丼の底まで見通せそうなほど綺麗な半透明。

そのお味は、塩味濃いめ、やや酸味強め、旨味も結構強いです。

思いっきり汗をかいた後には、これ位ちょうどいい塩梅なのかも^^;



R1096511.JPG
麺は米粉麺、いわゆるフォーですね。

それで、ややエスニカルな味付けのスープで香草がのっかっていたのも納得。



ひんやりさっぱり、なかなか美味しかったです。久々に背油コテコテの「元らーめん」も食べてみたくなりました。ごちそうさま!

らーめん 元楽 豊洲店

らーめん 元楽の公式HPは、こちらです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック